TOP収入を得る方法

太陽光発電を導入して毎月3000円の収入を得る方法

*このコンテンツでは太陽光発電の発電量や電気代などを平均的なデータから導き出して計算を行っておりますので必ずしもこのコンテンツで紹介している通りの数字になるとは限りませんのであらかじめご理解をお願いします。



毎月3000円の収入を得る方法をよりわかりやすく伝えるために動画コンテンツを作成しました。
(クリックすると音声が出ますので注意してください)

   

動画で紹介している無料一括見積り「ダイナビ」はこちらから

タイナビの無料一括見積りはこちら
 【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!




   

一般家庭で太陽光発電を導入して実際に収入を得るための方法を紹介します。


まず収入は多ければ多いほどいいに越したことはありませんよね。

太陽光発電のシステムで生み出すことのできる収入は単純計算で1キロワット当たり月で約80~100キロワットアワーの電気を生み出すことができます。


その内の30%の電気を使用して、70%電気を売電すると1ヶ月あたりの収入は下のように計算できます。


30%の電気を使用=24キロワットを使用すると電気は1キロワット当たり全国平均で24円での買い取りになるので576円~720円の収入になります。


70%電気を売電=26年度からは1キロワット当たり37円での売電価格になるので2072円~2590円の収入になります。


使用と売電をトータルすると1キロワットあたりの収入は合計で2648円から3310円になります。(あくまで目安です)



差があるのは太陽の関係や地域性などが関係するためですが大体このぐらいの収入を生み出すことができるんだと見てもらえればと思います。



より多くの収入を生み出すポイント


それでは収入を多くして利益を最大化するポイントを紹介します。


太陽光発電の容量を多くする。

平均的な太陽光発電のシステム容量は3キロワットから4キロワットです。


より多くの収入を手に入れるためにはまずシステム容量を多くする必要があります。


これは屋根の大きさや方位などによって決まってしまうため、どうすることもできないのですが、システムが4キロワット(できれば5キロワット)以上の容量が乗る家はかなりの収入と利益を得ることができるので設置をお勧めします。


3キロワットでの太陽光発電を設置する場合の1キロワットあたりの金額はシャープの製品で約48万円です。


しかし3キロワットから5キロワットの太陽光発電に容量を増やすだけで1キロワットあたりの金額は同じシャープの製品で約38万円前後で導入することができます。


システム容量が2キロワット違うだけで1キロワットあたりの金額は10万円近くの違いが出てきます。





1キロワットあたりの金額が30万円台の場合の原価償却年月(元を取る日数)は10年以内で収まります。


1キロワットあたりの年間の収入は36000円と平均で出るので35万円で太陽光発電が導入できれば8年前後での減価償却に数になるのでかなりお得です。


8年以降は発電した分すべてが利益になるのでこれもかなりお得になります。


また10年のローンを組んでも5キロワットまでの容量が乗せることができればローン代よりも収入が多くなることが多いので設置してすぐに利益を生み出せることになります。


それだけ太陽光発電を設置する場合は設置できるシステム容量は非常に重要になってきます。


しかし設置できるシステム容量はメーカーごとに設置条件が分かれていて違うことと屋根の大きさや形状が違うので調べるためには、現地調査を行ってもらうしかありません。


現地調査はもちろん無料で行うことができるので、雨量見積もりを依頼して現地調査を行っていただくとどのくらいのシステム容量が乗るのかを知ることができます。


初期費用を抑える

上記でも上げているとおりにシステム容量を多くすればシステム自体の金額が下がってくると説明させていただきましたが、容量以外にもシステムの金額を安くする方法があります。


それは販売店をしっかりと選ぶことです。


販売店をしっかりと選んで比較をするだけで5社くらいを比較すれば5万円~10万円は価格に違いが出てきます。


これだけでもかなりの初期費用が抑えられるので1キロワットあたりの料金も下げることができます。


1キロワットあたりの金額が下がれば減価償却の期間も短くなるのでより早く、より多くの収入を得ることができます。これだけでもかなりお得になるんです。


価格を抑えて太陽光発電を導入するためには、容量を大きくすると同等にインターネットでの無料一括見積もりを取得する方法が重要になってきます。


その理由はネットでの見積りなので人件費や営業への歩合を払わないで済むのでその分価格を安く提示しているからです。


実際に訪問販売での1件当たりの営業に支払われる歩合は10~20万円とかなり高額になってるので、その歩合分が価格に含まれてしまいます。


しかしネットでの見積りではそんな高額な歩合が発生することはありませんし、複数の業者への見積りが行えるのを知っているので、価格競争になることがわかっているため、かなりの低価格で金額を提示されます。


質に関しては一括見積りを運営しているサイトで施工履歴や工事後の保障、メーカーの認定IDなどのチェックが入るため一定の質がクリアされているのでその点も安心できます。




当サイトがおすすめしている無料一括見積りは「タイナビ」というサイトです。
オススメの理由は、太陽光発電の無料一括見積り利用者100万人突破!!と利用者数からもうかがうことのできる安心感です。
テレビでも紹介されている信頼の一括見積りサイトです!!
一括見積り利用数№1!もちろん安心だけではなく信頼できる施工業者のみが登録できる仕組みも徹底されているのでより安心です。

タイナビの無料一括見積りはこちら
 【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!



昼間の使用電力を抑える。

太陽光発電の収入は昼間に発電した電力を使用して残ったものを売電することで売電での収入と使用分の電気代を節約することでの収入を得ることができます。


昼間に使用する電力は平均すると1キロワットあたりが25円前後で取引されていますが、売電の場合は1キロワット当たり38円で買い取ってもらえます。


購入する電力よりも売る電力のほうが値段が高いので太陽光発電で発電した電力を極力使用しないで売電したほうが収入は多くなるんです。


ですので昼間に電気を使用しない方法を探して実践していくことで収入はかなり大きくすることができます。


目標は売電と使用の割合が8:2を目指してください。


昼間に共働きで家にいない家庭で役9:1の割合になるので8:2というのもなかなか節電意識が高くないと難しいのですが、電気が売れるのをその瞬間で確認できるのでうれしくて続けることができると思いますのでがんばってチャレンジしてください。



太陽光発電を設置して毎月3000円の収入を得る方法

さてここからが本番です。


タイトルにもある3000円の収入を得る方法という事ですがここまででお話させていただいたポイントをすべて行っていただくことで生み出すことができるんです。


まずポイント1で5キロワット以上の太陽光発電を設置します

そうすると5キロワットを設置するための平均価格は200万円(かなり高くみています)と見ます。


さらに太陽光発電の一括見積りを利用して価格を低価格に抑えます。


そうすることで5キロワットで単結晶のパネルで180万円代まで頑張れば下げることが可能です。


そうすると1キロワットあたりの金額は36万円です。


ここまで1キロワットあたりの金額を下げることができれば収入を得ることは容易です。


ちなみに利益を3000円出したいので今回は月々の収支をわかりやすくするためにあえてソーラーローンを利用してみました。


180万円をソーラーローンで組むと月々の支払いは15年で月々12000円(固定金利2.5)となります。


5キロワットでの収入は1キロワットあたり少なく見積もっても月々3000円は収入になるので月にすると3000円の収入になります。


5キロワットなので月々の収入は15000円となります。


ローンの支払いが12000円で収入が15000円なので3000円の利益を生み出すことができます。


しかもすごいのが15年たった後です。


15年で機械のメンテナンスが必要ですが太陽光パネルは20年以上持つのでメンテナンスにかかる費用は15年後に多く見積もっても20~30万円程度です。


収入は少し発電量が落ちてしまうことを予想しても月13000程度の収入になるのでほとんどが利益になります。


長く使えば使使うほど利益を生み出すことのできる設備なのです。

それでいて環境に良い!!太陽光発電って素晴らしいですよね。



太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法