TOP太陽光発電を設置して損をする人

太陽光発電を設置して損をする人はこんな人

*初めに損をしないという事=金額面でという事です。金額面を考えなければ太陽光発電は環境にも非常に良いので是非導入してもらいたいと思います。


太陽光発電を取り付けたのにも関わらず金額面において損をしてしまう恐れがある人がいます。


太陽光発電はお得だとか、太陽光発電を取り付けると儲けることができるということは間違いではないのですが、すべての人がそうではないということを知っていただきたいと思います。



ここではそんな損をする可能性が高いであろうという方がどんな方なのかを紹介していきたいと思います。



ただし上記にも記載していますが損をするという事は金額面だけの話ですので、環境を考えてと考えていただける方は知識として覚えて頂ければと思います。損をする可能性のある人は今から上げる3つのポイントに当てはまる方です。


損をする可能性かある方はこの3つです!
4kW以上の太陽光発電が乗らないと損をする可能性あり

ただし3,5キロワットであれば損をしないで得をする方もいますが、より確実性を考えると4kWになります。

ちなみに3kW以下の場合は当サイトでは太陽光発電の導入はお勧めしません。


ではここからなぜ4kW以上なのかを詳しく説明していきたいと思います。


まず太陽光発電で重要なポイントは1キロワットあたりの単価を下げることです。


この単価を下げることというのが、どのメーカーにも共通する点として、容量が大きくなればなるほど安くなるということです。



ちなみに私が実際に見積りを取った時の金額から言うと、3キロワットで言えば1キロワットあたりの単価が40万円前後でしたが、知り合いが見積りを取った時に4、5キロワットでは33万円台で1kWあたり導入することができてしまいました。



たった容量が1kW違うだけで、ここまで金額が変わってきてしまいます。



太陽光発電は太陽光パネルとその他の機器に分かれます。


基本的に3kWも4kWでも、パネルの枚数が違うだけで、その他の機械は全く同じ価格だからです。


パネルにおいても多く買えばその分、安くなります。



これが容量が多くなればなるほど価格が安くなる秘密なんです。



ちなみみより詳しく説明すると、細かい数値が多く出てきてしまい難しい話になってきてしまいますので、ここではよりわかりやすく説明するために簡単に図にまとめてみました




容量が違うと1キロワットあたりの金額はここまで変わってきてしまうんです。



3kWの太陽光発電システムでは機械代を回収するまでに13~4年

4kW以上の太陽光発電システムの場合機械代を回収するまでに10年以内


1kWの違いで機械代を回収するまでに5年近く、機械代を回収出来る時間が違ってきてしまうからです。


ちなみに1kWのシステムの平均の年間発電量が1100キロワットといわれており、これをすべて売電した場合は現在37円で売ることができるので年間で40700円の収入になります、実際はすべて売電できないので、使用した時のことを考えると30000円くらいになると思います。


1kWが40万円の場合は元を取るまでに13年


1kWが30万円の場合は元を取るまでに10年


この元を取るまでに10年というのが損をしないポイントにもなるのです。


機械代を10年で回収しないと損をする可能性あり

太陽光発電は壊れないなどと聞いたことがある方もいると思いますが、実際は太陽光発電のパネルが壊れにくいだけであって、パネル以外の機器は電化製品と同じで10年前後で壊れる可能性があるのです


ですので設置してから10年後にはメンテナンス料金がかかると思っておいたほうがいいです。


ですので10年以内に機械代を回収することができれば、メンテナンス代がかかったとしても、その後も発電をしてくれて利益を生み出してくれるので損をすることがありません


メンテナンスに掛かる金額は10~20万円前後だと思います。(10年後の価格なのではっきりとした金額がわからない為)


その金額が掛かったとしても、その後の発電で1年もあればメンテナンス代を回収することができるからです。


最悪10年後に機械がなくなってしまって機械のメンテナンスができなくなってしまっても、機械代を回収し終わっていれば、損をすることがないですからね。



4kW以上の太陽光発電さえ導入することができれば損をすることはまずないと思います。


たとえソーラーローンで導入したとしても十分に毎月の支払いをペイするだけの収入を生み出すことが可能なシステムになるので、ぜひ4kW以上の太陽光発電が導入できるのであれば、導入しないことが損になるので検討をして見ていただきたいと思います。



ネットで一括見積りを利用しないと損をする可能性あり

見積りを取る方法としては大きく分けると3つの方法があります。

  • 地域の家電量販店で見積りを依頼する
  • 地域の販売店を探して見積りを依頼する
  • ネットで見積りを依頼する
この方法が見積りを取るやり方になると思います。

その中でネットでの見積りを取らないと価格的に見ても損をする可能性が大きくなるので注意が必要です。




上記でも挙げている通りに、太陽光発電で損をする恐れのある方はシステムの価格が高くなってしまった場合に基本的な保障期間である10年で元を取ることが出来ずに損をしてしまうます。


ですので価格が非常に重要になるということです。


その為に初期費用を徹底的に抑えて導入する必要があるのでネットでの一括無料見積りが非常に重要になってくるんです。


ではなぜ私がここまでネットでの見積りをオススメするのかを紹介していきたいと思います。


ネットで一括見積りをオススメする理由

理由は上記にも書いてある通りに圧倒的な安さのほかにも5分で簡単に申し込めることと100万人が利用している安心感があるというのが私がオススメする理由で、損をしないための方法でもあるんです。


圧倒的な安さの理由

安い安いといわれてもなぜ安いのかがわからなければ本当に安いのかがわからないと思いますので安さの秘訣を紹介します。


まず安くなるポイントは「ネットでの一括見積りサイトでは複数の業者にまとめて見積り依頼をかけることが出来る」という点です。


この【複数】というのが非常に重要なポイントになります。


業者は一括見積りを利用する方が複数の業者に見積りを出して比較するということを初めから分かっています。


初めから比較されるのがわかっているので初めの見積りから表示する価格を最低限まで下げて提示してくるんです。


業者は見積りだけではなく実際に設置してもらって初めて利益が出るわけなので、見積りの段階で価格を高く表示してしまうと他の見積りの業者に取られてしまう恐れがあるからです。


特に一括見積りサイトには見積り1件に対して業者がお金を払って見積りを取っているので、契約を取れなければ会社がつぶれてしまうからです。



よく訪問販売で購入する太陽光発電の価格が高い理由は「他社と比較されない」から値引きをしないで販売するわけです。


また訪問販売の場合は、営業に対して報酬を払わなければなりません。


実際に太陽光発電1件を取ると10~20万円のバックがあることもあるくらいです。


その分の金額を乗せて販売するので高くなってしまいます。


それに比べてネットでの見積り1件に対して払う金額は高くても数千円程度で済むのでその分コストが下げられて価格も安くなります


これがネットでの一括見積りだと太陽光発電が格段に安く購入できる理由です。



これが損をしないためのネット見積りサイトです


「タイナビ」利用者100万人突破

タイナビでは、物件の日当たり状況や屋根の形などを入力するだけで、条件に合った太陽光発電システムを複数社から一括で見積もりしてもらう事ができます。

1社から5社まで申し込みができる点や、簡易見積りが可能なので、初めての人には特にオススメの無料見積りサイトです。

また利用者の91,2%が満足したと答えるなど質の高さは№1だと感じます。


TOKYO MXの企業魂というテレビでタイナビの特集が組まれるくらいに信頼度が高いです。



 より詳しいタイナビのコンテンツはこちらからどうぞ。


 タイナビで見積りを依頼する場合はこちらからどうぞ。