TOP太陽光発電のシステム寿命

太陽光発電の寿命ってどれくらい?

太陽光発電の寿命といってもシステムが太陽光パネルや発電した電気を変換するパワコン、発電した電気を確認するモニターや売電用のメータといったようにそれぞれ分かれているため一概に太陽光発電の寿命は言い表せません。


しかし各システム単体ごとの寿命はおおよその寿命は出てきているので各システムごとの寿命を紹介していきたいと思います。


太陽光パネルの寿命

この太陽光パネルの寿命は約20年から30年と言われることが多いです。


なぜ太陽光パネルがここまで長寿命なのかと言うと太陽光パネルのメインの電気を作るシリコンは半永久的に電気を作り出すことができるからです。


この太陽光パネルは他のシステムとは違い電気を作るだけの機能にまとめられているので電化製品と違い稼働必要とする部分が全くないのでこう寿命になります。


ただし寿命が半永久といってもそのシリコンをまとめているパネル部分の強化ガラスが割れてしまったり、劣化してしまうと言うことがないとは言い切れないため寿命は20から30年と言われています。



太陽光パネル以外のシステムの寿命について

太陽光パネル以外の寿命は私たちが日頃使用している電化製品と寿命の違いはありません。


これは電化製品と同様で電気を使って稼働しているからです。


そのため10から15年が寿命とされています。


ですので実際に設置する際はパネルは30年を寿命としていてもいいのですが、パネル以外のパワコンや売電メーター、表示装置などは10年を寿命としてみてその際にかかる交換費用を計算した上で設置することが重要です。


10年未満での故障については保証内になることが多いので無償交換や修理に応じてくれることはありますが、パワコン等は元々の寿命が10年と考えられているためそれ以降の保証を受けることは出来ません。



寿命を迎えた時の交換費用について

パワコンは容量や大きさの違いでことなるのですが、おおよその目安としては現在のところ20万円程度としておけば問題ありません。


ただし現在進行形でパワコンの価格は下がっているので寿命を迎える10年後には5万円程度で交換することができるようになるかもしれません。


いずれにせよ価格は下がっているので大きな負担にはならないと思います。


また表示装置に関しても交換が必要にはなるのですが同じように価格は下がっているので今よりも安く交換を行うことができます。

また売電メータに関しては寿命に関係なしに計測法によって10年などの一定期間で交換することが義務つけられています。


しかしその交換費用に関しては各電力会社によってことなります。


ちなみに東京電力の場合はメーター自体が電力会社のものですので交換にかかる費用は発生しません。


ちなみにシャープでは15年丸ごと保障という制度を導入しており、この保証制度ではパネルだけの保障でなく、パネル以外の機器の保障も丸ごと15年保障になっています。


もちろんパワコンも補償対象ですし、モニターもOKと素晴らしい保障内容になっています。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧