TOP太陽光発電のシステム屋根

どんな屋根にも太陽光発電はつくの?

太陽光発電は自宅の屋根に太陽光パネルを載せて電気を発電します。

パネル自体の大きさはそれぞれですが、重さにすると1システム3kw当たり200~300キロとなります。


このような重さのパネルを屋根に載せるのですから、屋根に設置するにあたっての注意点が2つあります。


この2つをクリアできない場合は補修工事が必要になるか設置できないことになります。


屋根に設置する際の注意点

  • しっかりと固定できる
  • 家全体がシステムの重さに耐えられる

以上の2つの注意点を必ず守らなければいけません。


もしもこの2つの注意点を守らないで設置をしてしまうと、メーカーの補償が付かなくなってしまうので注意が必要です。


実際は各太陽光メーカーごとにもっと細かく基準を設けており、その基準や取り付け方法は必ず守らなければいけません。



太陽光パネルの屋根への取り付け方法

基本的な固定方法は屋根の素材によって方法が変わってきます。


瓦屋根の場合は瓦の一部を取り外し固定用の金具の付いた瓦に取り換えてパネルを支える方法が一般的です。


ストレート屋根などは屋根に金具をビスで固定して防水加工しパネルを取り付ける方法が一般的です。

しかし屋根の素材や形は様々なものが使われておりすべての屋根に取り付けることは不可能です。


今では昔に比べるとメーカーなどの努力もあってか取り付け可能な素材の屋根も増えています。



実際に取り付けができない屋根は?

取り付けが出来ない屋根は大きく言うと固定器具がしっかりと取り付かない屋根になります。


屋根材の下地に断熱材を入れてチップ材でサンドウィッチ構造にした素材がありこの場合は金具を固定するビスが効かないため太陽光パネルを固定することはできません。


このような屋根は三井ホームが使用することがありこの場合は提携しているシャープ製の太陽光パネルは専用の固定金具を使用することで取り付けが可能です。


また木造や鉄骨などの建物には垂木といわれる屋根を支える部分が設けられることが多いのですが、垂木をなくして家を建てる手法も増えています


メーカーによっては垂木に固定することが基準となっているメーカーがありこのようなメーカーでは取り付けを行うことはできません


そのほかにも屋根や下地、家の構造から設置できる太陽光メーカーが限られる場合や取り付け自体が行えない場合もあります。


また屋根の素材は取り付けが行えても重量が家に負担をかけてしまい取り付けが出来ないこともしばしば見受けられます。

このような場合は設置前に屋根裏などに補強工事を行う必要が出てくるため余計なお金がかかってしまいます。


築年数が高い家では屋根や家の耐久性もしっかりと確認しましょう。


実際に私の実家は築15年だったのですが、屋根裏の構造上取り付けができないと言われてしまったメーカーが2社ありました。



築10年以上の家では事前の設置確認は必ず行うようにしましょう。



どうやって確認をすればいいの?

実際に素人が見てもわからないため取り付けを行う際には事前に屋根裏の確認や屋根の素材の確認を販売店の方に見てもらう必要があります。



取扱いの行っている太陽光メーカーの研修に参加してメーカーの基準や取り付け方の講習を受けている業者の方が見ればすぐに設置可能か設置できないかの違いは判ります。


ここ最近ではメーカーの基準を無視して取り付けを行ってしまいメーカー保証が受けられないでどうしたらいいですかという相談も増えているのが現状です。



ですので、まず取り付けできるかできないかを確認する場合は問い合わせを行って家の構造を伝えて確認してみてください。


基本的な構造が一般的な家ではある程度口頭で伝えただけでも設置できるか設置できないかを判断することは可能です。


くれぐれも設置が難しいといわれているのにもかかわらず無理やり設置を行ってしまい強風で飛ばされたり雨漏りしてしまったりすることがないように注意してください。


取り付けの確認はしっかりとしたメーカーの取り付けの研修に参加していてメーカーからの承認を得ている業者に絞ることが非常に重要ですが、私たちではなかなか把握できないので、あらかじめ登録証などを確認して、業者の選定を行っている太陽光発電専門の見積りサイトを利用するとその後のトラブルも少なくて済みますよ。



 取り付けが行えるかの確認はこちらからどうぞ



太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧