TOP太陽光発電のシステムトラブル

太陽光発電のトラブルについて知る

太陽光発電で起きるトラブルをまとめて紹介していきます。


トラブルは大きく分けると機械自体の初期不良によっておこるトラブルと設置方法の不備からおこるトラブルです。


その中でもトラブルで多く起きることは設置の過程によってのトラブルが多いようです。


設置方法の不備でのトラブルとして多いのは設置後の雨漏りです。


雨漏りに関しては屋根にパネルを設置する際にビスなどで直接土台を設置して取り付けを行うため防水処理がしっかりできてないとそこから水が浸水してきてしまうことがあります。


基本的に太陽光発電メーカーが決めている取り付け方法で防水処理をしっかり行えば雨漏りはすることはありません。


ですが正直なところすべての取り付け業者がメーカーの決めた通りの設置方法を行っているとは言えないのが現状です。

特に訪問販売などでいろいろな設備を提供している設置業者に多く見られるということを聞いたことがあります。


このような設置方法の不備でのトラブルを避ける方法があります。

まず太陽光発電に特化した設置業者を選ぶことです。


太陽光発電の設置には各メーカーごとに細かく設置方法が決まっています。

このメーカーが決めた設置方法の研修を受けなければ設置は行えないなどの決まりまで設けているメーカーもあるくらいです。


ですので取扱いメーカーを増やすということはそれだけ各メーカーの研修も受けなければいけないので、知識や施工方法のスキルも向上します。


特に太陽光発電の販売に特化している販売業者はより積極的に施工方法に対しての補償まで徹底されています。


施工方法に不備があると補償をしている以上取り付け業者が損をすることにつながるため施工自体をしっかりと行うようになるのです。


次にトラブルを避けるためのポイントとしては、設置実績の多い取り付け業者を選ぶことです。

これは単純明快で設置後のトラブルが多いところは設置依頼も増えないからです。


ではどれくらいの実績があればいいのかというと私が目安にした数字は5000件以上です。


正直施工件数だけで見てしまえば、長く運営している会社が有利になってしまいますが、長く運営できているということはそれだけ質の高い設置をしてきてから続けてこれたともいうことが出来ます。


次に機械自体の初期不要に関してですが、機械自体の初期不良によっておこるトラブルにはどこで設置してもどんなメーカーでも起きてしまうことですので避けようがないトラブルです。


このトラブルに関しては機械を交換してもらえれば直すことが出来ますし、補償がされている機械ですので無料で行うことが出来るのでそこまでのトラブルにはならないと思います。


このようにトラブルを避ける=取り付け業者をしっかりと選ぶということにつながってきます。


ですので信頼の高い取り付け業者を選ぶことが重要になってくるので、太陽光発電を導入しようとしている方は数社からの見積もりを取って価格だけではなく会社としての実績や信頼性もしっかりと比較をして太陽光発電を選ぶようにしてください。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧