TOP太陽光発電のシステム蓄電池

太陽光発電と蓄電池を知る

蓄電池は電気を貯める装置のことを言います。


太陽光発電で作った電気は使い切るか売電で電気を売ることをしなければ無駄になってしまいます。


しかし作った電気を貯めておける蓄電池があれば昼間に発電した電気を夜に使うことが出来ます。


うまく活用すればエネルギー自給率100%も目指すことが出来ます。

また停電時や非常時の予備電源としての役割も蓄電池があれば出来ます。

そんな蓄電池はいいことだらけのシステムといえるでしょう。


しかしデメリットもやはり存在します。


まずは価格面でのデメリットです。通常の家庭が設置する蓄電池の価格は100万円から200万円とかなりの高額です。


これに太陽光発電の費用を計算すると300万円から400万円となってしまいます。


ここまで価格が高くなってしまうと元を取ることはかなり難しくなってしまいます。

現在の価格の状態では正直太陽光発電と蓄電池を同時に購入することはデメリットのほうが大きくなってしまいますのでお勧めはできません。


しかし今後は性能も飛躍的にアップし価格も大きく下がっていくと予想されています。


というのも蓄電池で使用されているのがリチウムイオン電池です。

これは電気自動車やハイブリット車に掲載されているものと同じです。


今は電気自動車も高価格で販売されていますが、ハイブリット同様に需用は伸びていくことは間違いありません。


そうなったときに大量生産をします。

大量生産が行われればその分価格も下がっていきます。


車の販売台数は太陽光発電に比べても2ケタ以上違いますし、車の買い替えなどもあり年々生産量は上がっていきます。


しかもより高性能な車にするために研究と開発が進められていることから性能も上がっていくことは間違いありません。


ですので今は太陽光発電と蓄電池の併用はお勧めできませんが将来的には太陽光発電と蓄電池はセットが当たり前の世の中になっていくと考えられます。

さらに言うと太陽光発電と電気自動車の組み合わせも当たり前な時代が来ると考えています。


私のお勧めの蓄電池の設置方法は、まず通常の太陽光発電を導入して蓄電池の価格と性能が上がってきたら後から蓄電池を導入する方法がベストだと考えます。


太陽光発電さえ導入されていれば後から蓄電池を導入することは場所さえあれば難しいことではありません。


場所もより小型で高性能なものが出てくると思いますのでそこまで大きな場所も必要なくなると思います。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧