TOP太陽光発電のシステム停電、災害

停電の時や災害時に役に立つ太陽光発電

太陽光発電の導入を検討されている方の中で非常時や停電時などの備えとして導入を検討されている方も多いのではないでしょうか。


太陽光発電は電気を発電しているので停電などの非常事態に発電した電気を直接使用することのできる「自立運転」という機能が備わっております。


この機能を使用すれば電気が停電しても作った電気を使用することができるので、停電時に携帯を充電したり、テレビを見たりお湯を沸かしたりすることができます。


この自立運転機能はほぼすべての太陽光システムについています。

自立運転の際は、ほとんどの場合パワーコンディショナーのシステムに自立運転用のコンセントが付属されていますので、停電時などに自立運転に切り替えた際はこのパワーコンディショナーについているコンセントが使用可能になるというわけです。


ただし停電時に自動で自立運転に変わるわけではないので、手動で自立運転に切り替えを行わなければなりません。


切り替え方法は災害などや通常の停電などで電気が止まってしまったときに、太陽光発電も保護装置が働いて機能が停止してしまうので、まずは家についている主電源のブレーカーと太陽光発電のブレーカーをオフにします。


その後パワーコンディショナーについているスイッチで自立運転モードに切り替えを行います。


これで停電時の非常用電源としてコンセントを使用できるようになります。

この操作自体は簡単な操作ですぐにできるのですが、非常時や停電時などは電気もつかない状態で焦ってしまい忘れてしまう方もいるとのことですので定期的に家族で切り替え方法の確認をして予行練習を行うといいと思います。


家族全員が知っていれば非常時の時や停電の時に近くにいる家族がすぐに非常用電源に切り替えることができます。


この自立運転では1台のパワーコンディショナーで1500Wの電力を使えるという規定になっています。

1500Wというと800Wの電子レンジやテレビなどを問題なく使用できるレベルです。


しかし発電量も1500Wを発電できていなければ使用することはできませんのでマックスで使用する場合は快晴の日に限定はされると思いますが、曇りの日でもそれなりに発電をしているので、テレビを見たり携帯を充電したりするぐらいは問題なく使用することができます。



災害時や停電時に自立運転をうまく利用するためのコツ

そんなコツは「延長コードを用意しておくこと」です。


なぜ延長コードが自立運転をうまく利用するコツかというと、上記でも上げている通り、非常時や停電時に自立運転に切り替えるとパワーコンディショナーについているコンセントが使用できるようになります。


このパワーコンディショナーにコンセントがついているということは、その周りに使用する電化製品や充電器を持っていかなければ使用することはできません。

またコンセントの個数も1~2個までとなっているのでそのまま利用すると使い勝手はよくありません。


ですので、パワーコンディショナーからよく使用する部屋まで届く長さの延長コードと3口タップなどを用意しておけば自立運転に切り替えを行い延長コードで使用する部屋まで電気を伸ばすことができよりうまく自立運転を利用することができます。



自立運転へ切り替える際の注意事項

ただし自立運転機能を使用すると停電が復旧した後に、自立運転を解除しなければいけません。


解除方法はオンにした時と逆の作業を行えばよいのですが、ごく短い停電などの時は自立運転には切り替えずにそのまま復旧を待っていたほうがいいと思います。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧