TOP太陽光発電のシステム耐久性

太陽光発電の耐久性について知る。

太陽光発電パネルは野外に設置されており、購入を検討されている方は自然災害への影響を受けてしまうのではないかという「太陽光発電の耐久性」に不安を持たれる方も多いと思います。


太陽光パネルの耐久性については各メーカーごとに工夫をしていて落雷や地震、台風等自然災害への対応がしっかりと取られているのでよほどのことがない限り安心していただいて大丈夫です。


耐久性の不安要素について一つ一つ説明していきたいと思います。



不安要素の耐久性について

  • 落雷の耐久性

まず落雷についてですが、屋根についている太陽光パネルといっても落雷に合いやすいということはありません。


それは屋根に対して平行に近い角度で設置されているためです。

しかし絶対に落雷に合わないということはありません。


もし落雷にあった時のことを考えて各メーカーではパワーコンディショナに避雷機が組み込まれており、しっかりと耐久性を高める対策が取られているので安心です。



  • 耐震対策

次に耐震対策ですが各メーカーごとにパネルを設置するための設置方法が決められております。


この設置方法については、ねじれや振動などに関した試験を繰り返し行いしっかりと計算をして決められた設置方法です。

また台風や強風等の対策として、屋根の太陽光パネルの取付け方法は、建築基準法に基づき強風にも耐えれるように耐久性に優れた設計がされています。



  • 雪の対策

雪の耐震性としては、パネルと屋根の傾斜角度等の基準があります。

また、積雪量に応じてパネルを固定する金具の強化などを行います。

北海道などの地域では積雪量に応じて取り付けを通常の2倍程度の強化をして設置することもあります。



  • 耐衝撃性能

耐衝撃性能については屋根と同じ以上の強度を持っています。

この強度はJIS規格に適合した約3mm厚以上の強化ガラスを使用しているためヒョウなどの落下物で割れることはまずありません。


JIS規格に適合した約3mm厚以上の強化ガラスというのは1mの高さから227gの硬球を落下させても耐えられるくらいの耐久性の高いガラスです。



  • 塩害対策

沿岸沿いにお住いの方が太陽光発電を設置する際には塩害対策の取られたパネルを設置することで耐久性を高めることができます。



このように各メーカーごとに自然災害にしっかりと耐えることのできる耐久性の高い太陽光発電システムが提供されているので安心して導入することができます。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧