TOP太陽光発電のシステム新築

太陽光発電は新築と相性が抜群!?

正直新築というだけで太陽光発電との相性は抜群です。


新築ではなくても築年数数年の家庭でも相性はバッチリということができます。

それはなぜかというと太陽光発電は20年30年40年と長く使えば使うほどメリットが多く出て来るからです。


家が新築の場合は家のメンテナンスを行う時期に同時に太陽光発電のメンテナンスも行う時期になることが多くメンテナンスを忘れることもないですし、新築の場合は建物の強度も十分なのでより多くの太陽光発電メーカーから選ぶことができます。


太陽光発電を取り付ける際の設置保障に関しても取り付け後20年間という長い期間での保証はしてくれる施工メーカーもあるのですが築年数によって保障期間が短くなることがあります。


ちなみに私のうちは築年数12年の時に設置したのですが設置の保障期間は築年数が20年まででしたので実際は8年の保障にしかなりませんでした。


しかし新築であればしっかりと20年の設置保障を受けることができます。


また家を建てる前に導入を決めたのであれば「屋根建材型」という新築で建てる時しか取り付けることができない太陽光パネルと屋根の一体化されたパネルを設置することが可能になります。


この場合は太陽光パネル自体が屋根の代わりをするわけなので雨風を防ぐ効果や防火性能を備えていなければならないといった必要がありコスト的にも通常の太陽光発電よりも高くなってしまいます。


しかし屋根と一体化されたことで見た目もデザイン性に優れた設置が可能になります。


また通常の設置方法とは異なり屋根の上にパネルを乗せるのではなく屋根とパネルを一体型にすることによって重さが計量になり、工事をする時間も必要ないので工事時間の短縮にもなります。


ただしデメリットも存在してデザインが優れている反面、太陽光発電としての性能が落ちてしまい発電効率が悪くなってしまいます。


また一体型になっているので部品交換などが簡単に行うことができないものデメリットになります。

新築をこれから建てようと考えている方はハウスメーカーさんに直接聞いてみることがいいと思います。


ただし価格によってはハウスメーカーさん以外で取り付けたほうがいいこともありますので、一括見積だけでも見積もりを取って平均価格を知っておくといいかもしれませんね。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧