TOP太陽光発電のシステム太陽光発電の仕組みについて

太陽光発電の仕組みを知ろう

太陽光発電の仕組みは太陽から出る太陽光を電気に変えて使用するための仕組みです。


その仕組みに必要なものは、太陽光パネルと呼ばれるパネルです。


このパネルは1枚の全体を「モジュール」といいそのモジュールの中には「セル」と呼ばれるものが並べられています。


この仕組みをわかりやすく言うと氷を作るための製氷皿と同じだと思ってください。


セルは氷を作るための1つ1つの小さなボックスに当たり、それをまとめている製氷皿がモジュールに当たります。


そのモジュールが屋根の上に何枚か設置されており、そのモジュールに太陽光が当たることでプラスとマイナスの電子が作られます。


このプラスとマイナスの電子がひきつけあう際に電気が発生します。


わかりやすく言えば静電気と同じ仕組みで電気が作られる仕組みというわけです。(簡単に言うとですよ。)


この電気を作る仕組みを「光起電力効果」といいます。より詳しく知りたい方は「光起電力効果」(外部サイト)を参照してくださいね。


わかりやすく図を作成してみましたのでこちらを参照して確認してください。

仕組み

この太陽の光が当たったモジュールで電気が作られる仕組みです。


そのモジュールは1つのパネルは数枚のモジュールで構成されておりその数枚のモジュールでできた電気を接続箱と呼ばれる箱の中で1つの電気にまとめます。


しかし太陽光から発電した電気は直流と呼ばれる電気のためそのままでは家庭で使うことはできません。


その直流の電気を「パワーコンディショナー」と呼ばれる機械を通して直流から交流の電気に変換します。


これで家庭で使用することのできる電気になります。


さらに家庭で使用するために分電盤(家庭でわかりやすく言えばブレーカー)につながり家庭の各コンセントや照明などに分配されます。


その際に使い切らないで余ってしまった電気は売電用電力計を通して電気を売ることができます。


そのため太陽光システムを導入する過程では買った電力を図る買電用の電力計と売電用の電力計の2つを設置することになります。


ここまでの流れが仕組みでこの仕組みをまとめて太陽光発電システムと一般的に呼ばれます。


また現在では作った電気をためて使用することのできる蓄電池を搭載した物もあるので、この蓄電池を使用することで太陽の出ていない夜であっても自分で使用した電気を使用することができるようになりました。


今後はより高度な仕組みが提供され電力自給率100%の時代もそう遠くない時代になってきました。



太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧