TOP太陽光発電のシステム太陽光発電で元を取る

こうすれば10年かからないで元を取れる

太陽光発電の初期費用を10年で元を取ってよりお得に設置するための方法を紹介していきます。


太陽光発電は自然エネルギーを利用することによって環境にいいというだけではなく経済的面からみても私たちの負担を下げてより快適にさらには余裕を持った生活ができるための設備でもあるのです。


ただし何も考えないで太陽光発電を設置することは、環境にはいいのかもしれませんが、経済的面でのメリットを生むことはできません。


太陽光発電システムを導入する際は、設置した後のことを考えて導入を検討することが必要です。


そのために太陽光発電をよりお得に導入し10年でも元を取るためのポイントを紹介していきます。

  • 設置できるかの確認をする
  • 家に合わせたシステムを導入する
  • システムの価格を抑える
  • 昼間の電力使用を抑える
  • オール電化を利用する

以上が私が考えた太陽光発電をよりお得に導入し10年でも元を取るためのポイントです。


実際にポイントについて説明していきます。

・ 設置できるかの確認をする

何よりも重要な点として1番初めに上げさせていただいたのが「そもそも太陽光発電を設置できるかの確認です」

太陽光発電は家に合わせて設置するオーダーメードの機器になるので、家の構造によって取り付け方などが変わってきてしまいます。


また各太陽光発電のメーカーによって取り付けができないパターンが存在しているんです。


これは太陽光発電の工事や設置後の安全を考えたためであって、必ず守らなければいけません。


これがわからないとそもそも元を取る取らないの問題ではなくなってしまいます。


特にいろいろ調べてから実際に設置ができなかったなどという問題が出てきてしまうこともあるんです。


ですので実際に設置できるのかの確認をあらかじめしてもらう必要があります。


方法としては実際に見積りを取って見てもらうことが一番確実な方法です。


初めに見積りを取っておけば、そのあと実際に元を取って利益を上がられるシステムを導入することが出来るのかが確実にわかるので、真剣に検討している人は見積りの取得がまず初めに行うポイントです。



・家に合わせたシステムを導入する

自分の家にあっていない太陽光発電を設置してしまうと極端に発電量が落ちてしまったり発電量は変わらないのに価格が高くなってしまったりとデメリットだらけの太陽光発電を設置することになってしまいます。


当サイトを見ていただければシステムの内容についてなど詳しく紹介していますが、わかりやすくシステムの比較で紹介を行っておりますので参考にしてください。



・システムの価格を抑える

私的にはここは非常に重要なポイントで、ここだけを徹底するだけで同じ太陽光発電システムでも1kwあたり10万円近くの違いで出てきます。


もちろん取り付けなどの質は同じということでもです。


単純にシステムを導入するまでの費用が安くなるということは元を取るのが簡単になるということです。


そんなシステムの価格を質を下げないで落とす方法は、しっかりと比較をするということに尽きると思います。


価格が全く関係ないのであれば比較することもないのでしょうが、太陽光発電自体安い買い物ではありません。


そんな高価なものを購入するとなったらしっかりと比較を行って適正価格を知ることが重要です。


訪問販売などで購入した方の約8割以上の方は適正価格よりも高い金額で導入してしまっていると感じております。(すべての訪問販売が悪いというわけではありませんが…)


ではどうやって比較を行えばより効率的にシステムの価格を抑えることが出来るのでしょうか。


これは私も実際に行ったことで、私の場合は比較を行ったことで1kw当たりの金額を6万円抑えることが出来ました。


3kwの太陽光発電ですから18万円も価格が下がったということになります。


そんな方法は、ネットでの太陽光発電一括見積サイトを利用することです。


無料で見積もりを一括請求できるので簡単に価格やシステム、補償内容を比較することが出来ます。


実際に私が使用した一括見積サイトはタイナビというサイトを利用しました





 【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!



・しっかりとした保障を導入する。

太陽光発電での補償はかなり重要なポイントです。


太陽光発電システムは機械ですので壊れないということはありません。

いつかは壊れますしそれを直すためにはお金がかかります。


補償が充実したところから太陽光発電を導入すれば保障が適応されて無駄なお金をかけなくて済みます。


補償に関しては「太陽光発電の補償について」で詳しく消化していますので参考にどうぞ。



・昼間の電力使用を抑える

売電価格でもお伝えしている通り、太陽光発電は昼間に電力を作り、夜は電力を作ることはできません。


昼間の使用を抑えることが出来ればその分売電での利益が多くなります。

ちなみに発電した量をすべて売電出来れば1kw当たり年間で少なくとも5万円前後の売電での利益が生まれます。


目標の数値としては昼間の売電率を80~85%を目指すことが目標にします。

節電という意識を持てばどの家庭でもいけない数値ではありません。



・オール電化を利用する

上記の「昼間の使用電力を抑える」ということを実践するうえではオール電化にすることで倍以上の経済面での効果を実感できます。


オール電化住宅では夜間の電気代が割安になり、その分昼間の電気代が上がるというオール電化に優遇された電気料金を導入することが出来ます。


オール電化で夜の電気代の安い時間帯にお湯を沸かすなどを行うことで、昼間の時間帯に使用する電気を少なくすることが出来ます。


太陽光発電にオール電化…2つとも導入は…と感じた方も多いと思いますが、オール電化はそれだけでも十分に費用に対してのメリットは大きくなりますので、長い目で見ると太陽光発電とオール電化のW導入が最もお得になる方法です。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法



太陽光発電を知る項目一覧