TOP太陽光発電のシステムメンテナンス

太陽光発電のメンテナンスについて知る

太陽光発電のメンテナンスはどうやって行えばいいのか?

という質問を多くいただくことがありますので、どのようにメンテナンスを行ってゆけばよいのかを紹介していきたいと思います。


太陽光発電の寿命はパネルで20から30年、その他機器でも10年という寿命が一般的だといわれております。


寿命が長くなれば長くなるほど交換などの費用が掛かることなくお得になります。

少しでも寿命を長くするためや故障の早期発見のためにもメンテナンスを定期的に行っていきましょう。


まずはメンテナンスの中でも最も重要な毎日の発電量チェックです。毎日の発電量はある程度同じ気温で同じ天気の場合はそこまで発電量が変わることはありません。


毎日太陽光発電の発電量を調べていれば、明らかに発電量が下がっている日が続くことでその異変に気づき、早期発見につながります。


日ごろの発電量チェックでのメンテナンスで発電量が落ちてきたと感じたときには設置業者の方に連絡を取り確認していただくことが大切です。


基本的にシステムが無人運転のためメンテナンスや日常点検についての法律的な規制はありません。

しかし以上を早期発見行うためには定期的なメンテナンスは必要です。

では各項目ごとにメンテナンスのチェック項目を紹介します。


太陽光パネルにのメンテナンスについて

パネルは稼働部分がないため寿命も長く壊れにくいのですが、より長く設置するために目視でのメンテナンスを行いましょう。


項目は、パネル表面の汚れや破損を定期的にチェックします。

しかしある程度の汚れであれば雨が降った時に汚れが落ちるので問題はありません。


このパネルをチェックする際に屋根に上っての点検は危険ですので、登らなくても見える位置からの点検を行いましょう。


それでも発電量が落ちたなどの症状が出た場合は設置業者に連絡をし確認をしてもらってください。


そのほかのメンテナンスでは接続箱やパワーコンディショナなどは電化製品と同様で故障などがわかりにくくメンテナンスも行いにくい部品となることが多く、確認方法としては配線の点検やにおいなどの異臭がするかしないかの確認です。


正直、自分でメンテナンスを細かい部分まで行うことは現実的ではありません。

上記にもあげている通り発電量の確認を定期的に行い下がっていることがあれば業者に確認してもらうことが一番です。


今は設置業者によって機械のメーカー保証とは別に工事に対しての保証や定期的なメンテナンスを1年、3年、5年、10年と行ってくれる業者も増えてきましたので、設置業者でのメンテナンスがセットになっているシステムを選ぶことが私的には一番安心できます。


これも太陽光発電選びのポイントですね。



太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧