TOP太陽光発電のシステムクレーム

太陽光発電のクレームについて知る

太陽光発電を設置した後でクレームが起きることがあります。


これは設置した方、これから設置しようとしている方にも関係してくる事ですので詳しく紹介していきたいと思います。


また機械や設置方法からくるトラブルに関してはトラブルに絞った内容で紹介していますので参考にしてください



太陽光発電で実際に起きたクレーム

設置した方からいただくクレームの中では「予想発電量よりも発電しない」というクレームが上がることがあります。


太陽光発電を設置する前には見積もりを取るのですがその見積もりの中に、年間の発電量が記載されています。


この年間の発電量をもとにして、システム代を減価償却できる期間もある程度予想をたてて購入までの経緯に至るのです。

ですので実際に太陽光発電を設置した後で予想発電量よりも低くなれば減価償却までの期間も長くなってしまいます。


その為設置業者に「発電量が少ないなんとして」と言ったクレームが上がるのです。

発電量が少なくなってしまう原因が太陽光発電システム自体の故障であれば壊れている機械を交換すれば問題は解決します。


しかしシステムの故障以外が原因の場合も有ります。

このような場合は解決できるかできないかがビミョウになってしまいます。


まずはどうすることもできないことの1つにすんでいる地域の日照時間が予定よりも弱い場合です。

この場合は自然が相手ですからどうすることも出来ません。


次に考えられる事として太陽光発電に影がかかってしまい発電量が落ちてしまい年間の予想発電量より低くなってしまうことです。


影については詳しくは「太陽光発電と影について」を参照してください。影の影響を極力抑える方法も紹介しています。

いずれの原因も元を辿れば設置前の施工業者がしっかりと下見をしてより確実性の高い予想発電量を出さないことが原因です。


予め予想発電量が少ないとわかっていればこんなクレームは起きることは無いんですから。

本当に設置する人のことを考えた業者であれば設置しても損をする可能性があるのでもう一度考えてください」などのアドバイスしてもらえるはずです。


皆さんも太陽光発電を設置する場合はしっかりと下見や詳しい見積もりを1社だけではなく複数の業者から取ることをオススメしています。


数社で見積もりを取ることによって親身になってしっかりと下見や詳しい話をしてくれているのかも分かるので設置後のクレームは起きなくなりますよ!




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧