TOP太陽光発電のシステム太陽光発電と環境について

太陽光発電と環境について

今まで太陽光発電の導入きっかけをまとめてみると、「10年で元を取れとそのあとは経済的に楽になるから」という経済的な意味での導入が多く見られました。


しかし東日本大震災と福島第一原発の事故によるエネルギー不足や計画停電などの問題を受けてからは「少しでも環境にいいことをしたい」「別にもとを取れなくても環境にいいなら導入したい」という環境のためにという声が増えています。


大きなメリットの1つがこの環境にいいことをしたいというユーザーの環境への意識変化をもたらしたことだと思います。


それは「自分でできることが環境にいい」「しかも環境にいいことなのに経済的にも負担が少ない」ということが最大の理由だと感じます。


発電時に地球温暖化の原因でるCO2(二酸化炭素)を全く出さないで環境に良い発電ができます。


中には、CO2(二酸化炭素)は出さないけど、機械を作る時には結局はCO2が出るから環境にいいとは言えないという人も中にはいますが、1度設置さえしてしまえばその後は全くCO2を発生させることはありませんのでトータル的にみると環境にいいのです。


しかも発電のメインとなっている火力発電は常に化石燃料が必要でCO2は常に発生していることを考えれば環境にはどちらがいいかは一目瞭然です。


さらにそれだけではなくもう1つ環境にいい点があります。


その環境にいい効果は屋根にパネルを設置することでの遮熱効果です。


これは太陽の光をパネルが受け止めてその光を電気に変えてくれることにより、その下にある屋根の表面温度が設置していない家に比べると10度近く下がるのです。


何を意味するかというと、屋根裏などの熱は下の階へと移っていき家全体の温度が上がります。


屋根の温度が下がるということは家全体の温度も上がりにくいということになり、冷房の節約につながります。


電気を作ることでのCO2削減効果と家全体の温度を上げにくくするといった間接的なecoのWの効果で環境にいいと言えるんです。


さらには設置したことによっての環境への意識の変化も大きな点です。


太陽光発電を設置するとモニターを通してどのくらいの電力を使用したかを確認することができます。


この使った電気が見える化できることによってほとんどの家庭では電力使用量を下げることができています。


これも環境にいいことにつながります。


節電のしすぎで体が凍えてしまったり、熱中症になってしまっては本末転倒ですが、今の暮らしの中で無駄が出ない暮らしを考えて環境にいいことが自然と実践できるんです。



太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧