TOP太陽光発電のシステム表示装置

太陽光発電の表示装置って何?

システムの中には、今どれくらい発電していてどのくらい電気を使用しているのかわかりやすく表示してくれる表示装置があります。


この表示装置がかなりの優れものなんです。


私的には太陽光発電を導入していない家庭でもこの表示装置を導入するだけで節電効果が生まれてメリットが大きいものだと感じています。


では実際に表示装置を設置すればどういったメリットが得られるのかを説明していきます。


表示装置のメリット

無駄な電力を抑えることが出来る

なんといってもこれは重要なことで、この表示装置を付けるもっとも大きな理由の1つです。

表示装置の主な役割は今どれくらいの電力を使用していて、どれくらいの電力を作り出しているのかを表す装置のことを言います。


電気量の見える化を図ることによって、電気が常に使われていることがわかると思います。


特に誰もいない、なんの電力も使用していないと思っていたのにもかかわらず、電気代がかかっているということを表示装置を見て知った時に私も衝撃を受けました。


これは電化製品の待機電力やポットなどの保温電力などが積み重なったものです。


私も表示装置を付ける前までは気にすることもなかったのですが、いざ太陽光発電を導入して電気の見える化を行った時に「こんな無駄な電力を使わないで売電に回さないと」という意識が強く生まれたのを覚えています。


それからというものの家の照明をLEDに変えたり、電気ポットを使うのではなく、夜の電気代の安い時間にお湯を沸かして電気を使わないポットでお湯を貯めて次の日に使うなどの改善をすることが出来ました。


これをやる前まではめんどくさいなどと思ってはいたのですが、やってすぐに表示装置を見ることで電気の使用量の変化や電気代の変化を実際に見ることが出来るので、楽しみながら節約をすることが出来ました。


実際に電気代も2/3まで抑えることが出来ています


特に感じたことはエアコンの設定温度です。

1度下げるだけで表示装置の電力使用量がここまで下がるということは今まで知ってはいたものの実感できていませんでしたので家族でも重要視はしておりませんでしたが、目で見えるようになって家族全体で節電に対する意識が変わりました。

これが表示装置を設置する一番のポイントですね。



売電することで生まれる毎日の楽しみ

どのくらい発電していていくらの売電があったかがわかることで毎日楽しくなるということです。


今いくら売っていて今月の売電はいくらになるのかが表示装置を見れば一目瞭然で毎日わかるのが楽しいんです。


何もしていないのにお金が発生するわけあのでウキウキしちゃいます。


このように太陽光発電の表示装置はメリットだらけの機械です。


しかも今の表示装置はテレビに直接つないで大画面で見れるものや、オール電化製品に連動させてピートポンプなどのお湯の残量などを一緒に確認できるものまで出てきました。


もちろん無線タイプのものやモニターとしてだけではなくタブレットとしても使用できるものまで出てきたのです。


今後も表示装置は進化していくことは間違いないですし、表示装置を付けることによって得られるメリットも年々多くなっていきますので必ず設置してくださいね。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧