TOP太陽光発電のシステム変換効率

太陽光発電の変換効率を知ろう

変換効率とは簡単に言うと太陽の光をどのくらい実際に使用できる電気に変えられるかという割合を示します。


太陽の光をより多く使用できる電気に変えられたほうが変換効率は高くなります。


では実際に太陽光発電でどのくらいの変換効率になるのかを見ていきましょう。


まず性能が一番高いとされる単結晶系ハイブリットの太陽光パネルと一番設置されている多結晶の太陽光パネルで見ていきます。


まず一番普及されている多結晶タイプの変換効率は約12~13%前後です。

では一番性能が高いとされる単結晶系ハイブリットでは約18%前後の変換効率を誇ります。


一般的にはパネルでの変換効率は十数%あればよいとされています。


もちろん変換効率が高くなれば高くなるほど価格的にも上がってきますし、変換効率が悪ければ価格も安くなります。


パネルだけでいえば変換効率と価格をしっかりと照らし合わせて選ぶことが重要です。


パネルを乗せる面積が広いのであれば、変換効率が低くても価格の安いパネルを並べるほうがコスト的にもいいですし、乗せる面積が小さいのであればできるだけ変換効率の高いパネルを選んで、発電出力をしっかりとキープすることがいいと思います。



このパネル選びはメーカーによって変換効率や大きさなどに違いが出ているので自分に合うものをしっかりと選んでください。(太陽光発電のシステムの比較で各メーカーごとに変換効率などをしっかりと比較したページを作成していますので参考にしてください。)



次に太陽光パネルではそれ以外にもパネルが熱を持てば持つほど変換効率が悪くなってしまうということや、影ができると発電が極端に低下してしまい発電効率も下がってしまうことなどいろいろな原因で変換効率は悪くなります。


しかしその弱点を克服したパネルが登場しており、熱を持ってしまうことの多い沖縄などでは熱に強いハイブリット型の太陽光パネル、影がかかってしまう家庭では、影に強いパネルを選ぶことで変換効率の低下を防ぐことができます。


また変換効率は太陽光パネルだけでは決まらないんです。


パネルの次に重要になってくるのはパワーコンディショナーと呼ばれる直流の電気を家庭で使用することのできる交流の電気に変換する機械です。


この電気を直流から交流に変換する際に電気が失われてしまいます。


基本的にどのメーカーも90%以上の変換効率を表示していますが、一番いい変換効率は97%以上の変換効率を誇ります。


このパネルとパワーコンディショナーの2つでどのくらい太陽光の光を使用できる電気に変えることができるのかを表すのが変換効率です。



しかしメーカーごとにパネルとパワーコンディショナーがセットで販売されているため、一番変換効率の高いパネルと一番変換効率の高いパワーコンディショナーを別々のメーカーでそろえることはできません。


ですのでメーカーごとのトータルの変換効率と価格をしっかりと抑えることも、太陽光選びでは重要になってきます。



太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧