TOP太陽光発電のシステム太陽光発電と発電量予想

太陽光発電の発電予想を知ってみよう

太陽光発電を設置するうえで重要なことの1つがこの発電量予想です。


発電量予想とは1年間を通して実際に発電できる量を予想することです。


この発電量予想が多ければ多い程、太陽光発電を設置した時のメリットは大きくなり設備にかかった費用を早く回収することができます。


ではこの発電量予想を出すためにはどうすればいいのでしょうか。

一番正確に発電量予想を出すことのできる方法が、実際の見積もりを取って取り付ける太陽光発電の大きさと、方角や角度からシミュレーションを行い年間の発電量予想を行うことが一番正確な予想が立てられます


これはほとんどの業者で見積もりを依頼した時に見積もりと一緒に発電量予想の資料も貰うことができます。


ではこれ以外では発電量予想を出すことはできないのでしょうか?


実際に見積もりを取ってシミュレーションを行うことよりも正確ではありませんが実際に設置された方の発電量をもとに各地域ごとに発電量予想を立てることもできます。


突然ですが、ここで質問です。


広島県と北海道はどちらが年間の発電量が多いのでしょうか?

答えは「どちらも同じくらいで地域によっては北海道のほうが年間の発電量が多くなることもあります。」です


皆さんは広島のほうが温かいイメージがあり年間の発電量も多くなると思いませんでしたか。


ではなぜこのような答えになるのかを説明していきます。

まず第一に北海道には梅雨がないということです。


梅雨がないということは、梅雨のある広島県が雨の時でも北海道では発電をすることができます。


次に夏の時期の気温の差です。

太陽光発電は以外にも熱に弱いのです。パネル内の温度が上昇すればするほど発電効率は悪くなります。


広島県で真夏日を記録すればするほどパネルの温度が上昇し発電効率は悪くなります。


しかし北海道では夏でもある丁野の気温まででパネルの温度が止まりますので、広島県に比べると発電効率は下がらなくなるのです。


このように各地によってもそれほど発電量予想に差があるわけではありません。

ですので東北地方や北海道に住んでいる方が一概に発電量予想が低くなるというわけではないので安心してください。


ではでは前置きが長くなりましたが各地域ごとに発電量予想をしていきましょう。


わかりやすくするためにすべての地域で同じ太陽光発電を設置して南向き、さらには角度も同じで設置した時の予想をしていきたいと思います。


基本的には1キロワットの太陽光発電では年間で約1000kWh以上の発電を行うことができるとされています。

各地域ごとの発電量予想

  • 北海道…平均発電量予想は年間で1118kWh
  • 東北地方…平均発電量予想は年間で1092kWh(太平洋側と日本海側で若干の発電量に差が出てます)
  • 関東地方…平均発電量予想は年間で1097kWh
  • 中部地方…平均発電量予想は年間で1240kWh
  • 近畿地方…平均発電量予想は年間で1135kWh
  • 中国・四国地方…平均発電量予想は年間で1141kWh
  • 九州…平均発電量予想は年間で1156kWh

となります。


上記でもあるように日本海側では全国的に見ても冬の日射量が少ないため発電量予想でも低くなるところがあります。


しかし全国を見ていただいてわかるとおりに地方によっての差はほとんどないということになります。


しかも今の太陽光発電の技術の進歩によって地域の発電量の差を埋めることもできるようになってきました。


例を挙げるのなら、真夏の気温が高くなれば高くなるほどパネルの温度が上昇してしまい発電効率が下がるために年間の発電量も下がりますが、熱に強いCISの太陽光発電を設置することによって、変換効率の低下を防ぐことができ年間の発電量予想を高くすることができます。


ですので寒いから太陽光には向いていない、暑いからより多い発電が期待できるといったことでは正確な発電量予想をすることはできませんので、正確に知りたい方は実際に設置する見積もりを取って発電量予想シミュレーションを行っていただくことをお勧めします。


これは私が実際に予想していただいた発電量予想になります、参考程度にどうぞ。



こんな感じでグラフと月ごとに予想した発電量予想をわかり易くしてくれます。


これは私が実際に設置したメーカーではないのですがわかり易さから見て紹介しました。この表を見ると3、5キロワットの太陽光を設置して年間の発電量予想は3501kWhでしたのでギリギリ合格ラインだと思います。


実際に設置した太陽光発電では1kW当たりの年間発電量予想は1211kWhでしたので、取り付ける設備を選びさえすればここまで年間の発電量が変わってくるんだなっと実感しました。(ただしその分若干太陽光発電の導入費用は高くなりましたが…)




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧