TOP太陽光発電のシステム発電量

太陽光発電の発電量を知ろう

発電量とは電気をどれくらいで作れたのかの量を指します。


基本的には一回でどのくらいの量を発電することができるのかをシステム容量と言います。


このシステム容量が多ければ発電量も多くなり多くの電気を作り出せることになります。

では一般的にどのくらいの発電量を導入しているのでしょうか。


現在、住宅用に導入されている太陽光発電システムの平均システム容量は4キロワットです。


では4キロワットの発電量ではどのくらいの家電や電気を使用できるのでしょうか?


1キロワットの発電量は1000ワットになります。


家庭で一番電気を消耗する機械はエアコンで約1200ワットです、電子レンジでは約800ワット、パソコンでは約50ワット、冷蔵庫では約300ワットを使用すると言われています。


これから見ると4キロワットの発電量があればほぼ普通に生活しているぶんの電気を使用することができるのです。


ただし太陽の出ていない時間帯は発電することができません、また曇った日雨の日などで発電量が落ちてしまいます。


実際に晴れている日であっても4キロワットの太陽光発電で4キロワットをフルで発電できることはありません。


これは変換効率などで電気を変換するときになくなってしまう電気が有ること等が原因です。


しかし4キロワットあればかなりの量の発電量を得ることができます。


数字で表すと1キロワットでは年間で全国平均1200ワットアワーの発電量になります。


4キロワットの太陽光発電では4000~5000キロワットアワーの発電量になります。


ただし実際の発電量の数値にはばらつきがありこの通りにならないことも多いのであくまでも参考程度にご覧ください。


一般の家庭が年間に使用する電力は約5400~5600キロワットアワーと言われており、4キロワットの太陽光発電を設置すれば太陽光発電だけの発電量で7~8割りを発電することができるのです。


実際は上記にものべている通り、太陽の出ていない時間帯は発電をすることができませんので、夜に使用する電力は購入しなければなりませんが、昼間に発電して使用しなかったあまりの電力は売ることができるため発電量が多い太陽光発電を設置するとよりメリットが生まれることになります。


さらには5キロワットや6キロワットなどの太陽光発電を設置さえすれば発電した電気で自給自足が行えるまでになります。


今では昼間に発電して余った電気を蓄電池に貯めておくことのできるシステムも誕生しているので近い将来は電気の自給自足は普通になるかもしれませんね。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧