TOP太陽光発電のシステム売電価格

売電価格は今後どうなるの?

売電とは前のページにて詳しく紹介しましたが、簡単にまとめると余った電力を売ることを言います(一般家庭の場合)。


この売電をうまく利用することによって太陽光発電のシステム料金をより早い期間で回収することができるようになるのです。


今までの売電の価格とこれからの売電価格

この売電制度が始まった2009年の売電価格は1kWhの電力を48円という売電価格が設定されておりました。


この価格は私達がいつも買っている電気料金の金額の約倍の価格です。

しかしこの売電価格が2011年では1kWh/42円の買い取り価格に下がりました。


今後もこの価格は1年後とに見直しが行われ年々下がっていくと予想されています。


実際に2014年の4月からは売電価格が37円になることが決まりました。

しかし買い取りの電気料金は1kWhあたり20数円ですのでそれいかにはならないだろうと予想されています。


今後は数回に分けて売電価格も買い取りの価格と同じ料金に下げていこうという流れもあります。


この先は売電価格が上がるということはまずありません。


しかし下がっていくのは新規で太陽光を設置するかたの買い取り価格であり、2009年に太陽光を設置したかたは2019年までは48円の買い取り価格を保証されています。


これは10年間金額固定買い取りというものが有るからです。


ですので早く設置したかたは買い取り価格も高額で10年固定されますので導入に踏み切るきっかけになっていると言われています。


ただ買い取り価格は下がっていくことは確実ですが、それと同時に太陽光発電のシステム自体も年々下がっていくと予想されているので、実際に初期費用の償却期間はそこまで変わらないのです。


これがその証拠です。

2009年に設置した方は48円での売電価格が保証されていましたがシステム自体の価格は1kWあたり平均で約60万円でした。


しかし2012年に設置したかたは売電価格が42円の価格に下がってしまいましたが、太陽光発電のシステム自体の価格も1kWあたり平均で約50万円と10万円近くも価格が下がっているのです。


ですので売電価格に左右されてしまい、考えずに太陽光発電を導入して後で後悔するよりも、じっくりと考えて売電価格に左右されないで太陽光発電を導入する方が良いと私は考えております。


売電価格をよりお得にするために

売電価格に左右されないとはいっても、売電がある以上は売電を利用して太陽光発電をよりお得にすることも大事なことです。


そんな売電をよりお得にする方法は色々な方法があります。


まず1番の効果的な方法は、昼間に電気を使わないように節電することです。

これをやるとやらないとでは売電のメリットが天と地ほどに変わってきます。


あくまでも一般家庭の売電は、使わなくて余った電力を売るということです。


太陽光発電は太陽の光で電気を発電していますので夜は発電することが出来ません。


まずよりお得にしたいのであれば太陽光発電が電力を発電している時間帯の電力を極力抑えることが必要になります。


売れば売るほどお得になる売電ですから、発電した電気をすべて売ることを目指して昼間の使用電力を抑えることを目標にしてください。

そんなお得にする方法を「こうすれば元を取るのに10年かからない」詳しく紹介していきますのでご覧ください。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧