TOP太陽光発電と節電

太陽光発電と節電を知る

太陽光発電を導入しようとしている人に考えてもらいたいことは「節電」という事です。


太陽光発電を導入すれば電気を作り出すことができるので節電していると思われる方もいるのですが、実際設置しただけで、電気に対する考え方が変わらなければ結局使っている電気の量が変わらないので節電とは言えません。


特に節電は太陽光発電をお得にするために最も良いお得ポイントの1つです。

しかしただ単に節電していても太陽光発電を使用している方は間違った節電をしてしまうとお得にならないこともあります。


ですので太陽光発電に合わせた節電が必要です。そこで太陽光発電の比較を扱っている当サイトでは太陽光発電にあった節電方法に絞って紹介をしていきたいと思います。



太陽光発電を設置している人の節電ポイント

太陽光発電を設置する場合は「売電」という電気を売ることを考えて節約をすることで最もお得になります。


売電とは太陽光発電で発電した電気のうち余った電力を買い取ってくれる制度です。この買い取り金額は、私たちが電力を買っている電力よりも高い値段で買い取ってもらえる制度です。


という事は発電した電力を使うよりも売ったほうがお得になるわけです。

という事はまず節電しなければいけないポイントは太陽光発電が電力を発電している時間帯にどれだけ節電できるかがポイントです。



季節によっても違うのですが平均すると7時から18時までを節電するという意識を持ってもらうことが太陽光発電の節電ポイントです。


「夜の時間帯に節約するよりも昼間の時間帯に節約するほうがより高い効果を発揮する」ここを抑えてください。



節電の具体的なポイントを紹介

さてここからはより具体的に太陽光発電にあった節電の方法を紹介していきます。


早起きは太陽光発電の節約の重要ポイント

・朝早く起きることが太陽光発電をお得にする節電方法のポイントの1つです。

 詳しくは「早起きは太陽光発電の節電の重要ポイント」をご覧ください。



思い切った買い替えで節電する方法

・家電を思い切って買い替えることで生まれるメリットも多くありますしその中でも変え変えたほうが得をする人もいます。

 詳しくは「思い切った家電の買い替えで節電する 」をご覧ください



夏の太陽光発電の節電方法を知る

・季節に合った節電方法をすることでより効果の高い太陽光発電のための節電につながりメリットも多くなります。特に夏は節電のポイントが多い半面、危険につながる恐れもあるのでほどほどに節電を合言葉で行きましょう。

 詳しくは「夏の太陽光発電の節電の方法」をご覧ください



太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法