TOP太陽光発電NEWSスマートハウスについて

知ってそうで知らないスマートハウスについて

スマートハウスを知っているという人は多いのではないでしょうか?

しかしスマートハウスについて教えてくださいという質問に答えられる人は少ないというのが本当のところではないでしょうか。


スマートハウスという言葉からある程度の意味は想像つくと思います。


特にスマートハウス=太陽光発電やオール電化みたいなものと想像されている方が多いと思います。


実際に私もそんな感じで思っていました。


ほぼ正解なのですが、意味的にはそうではなく、スマートハウス=電気の最適化させるということでした。


細かくいってしまうとかなり複雑になってしまうのですが、単純にいうとエコで省エネな家のことを指すと覚えてもらえればわかりやすいと思います。


ただしそのエコで省エネを人の力や機械の力を使ってコントロールすることをスマートハウスといいます。


スマートハウスではトヨタホームやパナソニックなど多くの企業ですでに実用化されており、一番の売りとして販売を強化している背景が見られます。



スマートハウスのポイント

スマートハウスには大きく分けると2つのポイントがあります。


電力の見える化

電力の見える化では、タブレッドやテレビなどのモニターを利用して、今どのくらいの電力を使っていて、どれだけ生み出しているかがリアルタイムで知ることができます。


この見える化を行うことによって節電の意識が生まれることと、無駄な電力をはっきりと見えるので、無駄をなくすことが簡単に行えるようになります。


一番驚いたことは出かけていて家に誰もいないのに無駄に使っている電力の無駄です。


見える化だけでも電気代を10%は節約できますよ。



電力の制御

電力の制御とは太陽光発電に蓄電池を組み合わせている場合、夜間の電力の安い時間帯に蓄電池に電気を充電して、価格の高い時間帯の電力として利用することなどを言います。


また冬などは夜になると自動でシャッターが下りてきて、室内の温度をキープしやすい環境を作ってくれるなど、極力電力を使わないで良い状態を作り出してくれることを言います。



このようにスマートハウスとは環境にも良く家計にも優しい、一石二鳥の未来の住宅になるのです。

未来といっても一昔前までですが…


すでに今は上記にもあげている通り販売店で売られていることや、太陽光発電を取り付けている家庭ではモニターによる見える化がすでに行えているので、見える化をしっかりと意識して電気の最適化に取り組みさえるればもう立派なスマートハウスです。


今後はスマートハウスが当たり前の時代もすぐ近くに来ていると思います。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法