TOP太陽光発電NEWS2014年度の売電価格

2014年度の売電価格はいくらになるの?

太陽光発電を設置するときに、発電してあまった電力を売ることができる売電という「固定価格買取制度」が2014年度からは1kW当たり37円に決まったという情報が出てきました。


2014年までの売電価格は1kW当たり38円なので1円のダウンになります。


正直もっと売電価格が下がるのではないかと想像していたので、1円の下げにとどまったことは良かったと感じています


ただし今までは売電のほかにも国からの補助金として支払われていた太陽光発電の容量に対しての補助金も2014年からは行われなくなることも決まったので、下げ幅が小さかった分が帳消しになるような感じですね。


これだけで見てしまうと2014年度になってからではかなり損をしてしまうと思うかたも多いのではないでしょうか。


もちろん売電価格が高ければ同じ発電量でより多くのお金を生み出すことが出来るので得をすることになります。



ですが、太陽光発電を選ぶときに一番注意して選ばなければいけないことは、目先の利益にとらわれないで、長期運営を考えて選ぶことです。



長期運営とはどういうことかというと太陽光発電を最低でも10年間設置したときにどのくらいのメリットを生み出すことが出来るのかを計算した上で考えることです。

今回のケースで当てはめると平均的な価格で計算した場合はこんな風になりました。

今回は全国的に平均データで
取り付け 4キロワットの太陽光発電
年間発電量 5000キロワットアワー
の家庭を想定します。


売電価格はい1kW当たり1円安くなるので、1年間で5000キロワット発電するとすれば5000円の損となります。


10年で約5万円の損です。



しかし損をするだけではなく逆に時間がたつにつれて太陽光発電システム自体の販売価格も低下しているのです。


これまで約1年で1kW当たりの平均金額は2万円前後で下がっています。
(経済産業省 資源エネルギー庁データから)


特に多い年では5万円前後下がっている年もあります。


2002年から2012年までの平均で毎年2万5千円下がっている計算になります。


これを当てはめると1kW当たりの価格はこのデータを下に計算していくと2012年が1kW当たりの平均金額46万とすると、2013年は43万円5千円、2014年は41万円になります。


4キロワットの太陽光発電を購入する場合は1年で約10万円価格が安くなる計算になります。


それ以外にも太陽光発電自体の品質という点でもかなり毎年向上していますので発電量もより多く発電できるなどメリットが年をとるたびに良くなっています。


売電価格を補うまでとは行きませんが、それに近いだけのメリット生まれているのも事実です。


私が一番やってほしくないことは、売電価格が安くなる前にどうしても設置したいという考えから、とりあえず何でもいいから太陽光発電をつけるなどといったことをしないでほしいということです。


特に売電価格が下がる時期は、太陽光発電パネルが品薄になることが多く種類を選べなくなってしまいます。


自分の家に合ったパネルを設置できないと発電量だけでもかなりのマイナスになってしまいます。


こうなると損する金額は5万円どころではありません。


仮に自分の家にあわない太陽光発電を設置して発電量が15%ダウンしてしまったら、4キロワットの場合、10年で285000万円の損になってしまいます。

しっかりと考えて設置しなければより多くのマイナスになってしまうのです。


ですので売電価格に惑わされないでまずは自分の家に合う太陽光発電選びを心がけてください。



 NEWS一覧へ戻る




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法