TOP太陽光発電で儲けるために知っておくこと

太陽光発電で儲けるためには

太陽光発電で儲けるためにを追及したコンテンツを作成してみました。


太陽光発電はかなりの確率で儲けることができるシステムになっています。ただし必ず儲かるということはありません。


ですが条件が重なればかなりの確率で儲けることはできます。


あまり儲けるという表現は良くないとは思いますが、実際に企業で太陽光発電分野へ参入している企業が増えている=儲かるからということになるからです。


もちろん企業だけではなく一般家庭でも儲けることができるので是非儲けることのできる条件がそろっているかを確認していただき、導入していただければと思います。


まずはなぜ太陽光発電が儲かるのかを知るために太陽光発電のシステムを知っていただければと思います。


その中でも知っていただきたい項目はこちらです。(太陽光発電の仕組みを理解している方は飛ばしていただいて構いません)

この中で儲けるために重要なことは年間の発電量と売電です。

では早速儲けるために知っておかなければいけないポイントを紹介していきます。


まずは儲かるか儲からないかを判断するためのシミュレーションをすることです。


シミュレーションといってもは難しいことは一切なく、調べれば簡単に出てくるような数字を当てはめていけばよいように、わかりやすく作成をしていきます。


実際に発電出来る電力を正確に予想することは困難ですが、ある程度予想することはできます。


数値は設置してからではないと正確には出ることがないので儲かるのか儲からないのか確実に判断することはできませんが、儲かる可能性がかなり高い方や、儲かると即答できる場合は導入をお勧めします。


儲かる可能性がないと判断した場合は、現在のシステムでは無理という結果ですので、将来的には儲かる可能性も出るため保留という判断になると思います。

私的にお勧めできるのは儲かる可能性が高いと判断された方は是非お勧めしたいと思います。


ただし数値は絶対ではないということと、実際に設置したいメーカーの太陽光発電を乗せられないことなどがあり、100%儲かるというような話ではないので最終的には自分自身で判断していただくことになります。


あくまで設置するか設置しないかの補助的な判断材料にしていただければと思います。


最終的には実際に販売店に連絡を取ってちゃんとした見積書を取っていただければより儲かるのかの判断は確実に近くなります。


ぜひシミュレーションで儲かると判断できた場合は販売店での見積りを依頼してください。



予想するために必要なこと

  1. 屋根の種類と方角
  2. 地域
  3. 年間の日射量
  4. 毎月の電気代
  5. 売電価格
  6. 太陽光発電のシステムの価格

この6つのことさえ分かればシミュレーションをすることができます。

特に重要なことは(1)の屋根の形と方角です。

正直この項目だけで儲かることができるか判断することができる場合も多々あります。


さっそく儲けるための屋根の条件を見ていきます。



次の項目

<太陽光発電で儲けるための屋根と方角を知る>をご覧ください




太陽光発電で儲けるためのコンテンツ一覧




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法