TOP太陽光発電のシステムメリット

太陽光発電のメリットを詳しく紹介します。

太陽光発電のメリットはどんなことがあげられるのでしょうか。

太陽光発電を設置することで生まれるメリットは大きく分けるとこんな感じになると思います。

  • 自然エネルギーを使用するので環境に良い。
  • 光熱費の削減をすることが出来る
  • 節電の意識が高まる
  • 災害などで停電になっても予備電源として使用できる。

では実際にそれぞれのメリットについて詳しく紹介していきます。



自然エネルギーを使用するので環境に良い

このメリットは多くの人が太陽光発電=環境に良いと考えるくらいに浸透してきています。


実際に太陽光発電が電気を発電する際に、環境破壊の原因とも言われているCO2を出さないで電気を作ることが出来ます。


近年はこの環境破壊を防ぎたいと考えて太陽光発電を設置する方が圧倒的に増えています。


実際に設置しても影や設置面積が原因で経済面的にはお得になることがない方に「設置しても経済面でのメリットはありません」と伝えても「いや、経済面よりも環境のことを考えて導入をしたいので設置してほしい」といわれる方もいるくらいです。



光熱費の削減をすることが出来る

このメリットは電気を発電する太陽光発電を導入することで電気代が大幅に減り光熱費を下げることが出来ます。


またオール電化を導入することで電気代は今までより少し下がり、さらにガス代がなくなるというより多くのメリットを生み出すことが出来ます。

経済面でのメリットをより詳しく知りたい方は「太陽光発電をよりお得に導入し10年でも元を取るためのポイント」をご覧ください。



節電の意識が高まる

太陽光発電を導入すると一緒に表示装置という、電力を今どのくらい使用して、どのくらい作っているのか、売電しているのかということが一目でわかるモニターを設置することが出来ます。


このモニターを設置することで電力の見える化が進み無駄な電力を使用していることが一目でわかります。


この電力の見える化を行うことで自然と節電意識が高まり自分だけではなく家族のみんなで楽しく節電に取り組むことが出来ます。


表示装置について詳しく知りたい方は「表示装置について」をご覧ください



災害などで停電になっても予備電源として使用できる。

今注目されていることの一番はこの予備電源として使用できるという点です。

設置を考えている多くの方からこのような質問をいただくことがあります。


実際に太陽光発電を設置している方が停電になった時に発電した電力を近所の方に分けて、携帯を充電したりテレビで情報を確認したり、電力の発電量の多い日は掃除機をかけたりと普通の生活に近い暮らしを送ることが出来たという声も上がっています。


予備電源についてより詳しく知りたい方は「停電の時や災害時に役に立つ太陽光発電」をご覧ください。


このように太陽光発電を設置するとさまざまなメリットが生まれます。

ただし経済的なメリットについては太陽光発電の設置方法や屋根の大きさ、方角などからどれぐらいのメリットになるのかは変わってきます。


中には設置費用と発電予想を立てたときにメリットが生まれないこともあるので設置する前にしっかりと事前の打ち合わせを行いましょう。



 次は太陽光発電のデメリットを紹介します


太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧