TOP工事について太陽光発電の施工方法

太陽光発電の施工方法について

太陽光発電の施工方法について紹介していきます。

太陽光発電の設置方法は複雑な設置工程など様々な方法と工程に分かれていますが大きく分けると「新築への設置」と「既存住宅の設置」に分けることが出来ます。


新築への設置に関しては「太陽光発電は新築と相性が抜群」にて紹介をしていますのでこちらをご覧ください。


今回は既存住宅に設置する施工方法について詳しく紹介をしていきます。



既存住宅の施工方法の流れ

まず太陽光発電の施工方法までの流れとしては以下の通りです。

  1. 現地調査
  2. 施工方法の説明
  3. 施工実施
  4. 施工確認
  5. 引き渡し

基本的な流れをざっと説明しましたが、この中でも特に重要になってくるのが「施工方法の説明」です。



施工方法は取り付けるメーカーや取り付けを行う屋根などで全く異なってきてしまうので、設置をしようとする方がすべてを事前に把握することは難しいでしょう。


ですので設置をすることを決めた段階でまず設置をどのように行うのかを販売業者に事前に確認してください。



メーカーの設置基準を満たすために屋根裏からの屋根の補強工事が必要な場合などもあるからです。


また各種システムをどこに設置してどうやって配線などを処理するのかなど基本的なシステムの設置方法は必ず事前に説明を受けてください。


説明を聞いてもわからないからっと考えている方は要注意です。


説明や取り付け方法などは複雑なので理解をすることは難しいのですが説明をしっかり聞くということ=理解するということではないのです。


あくまで説明を聞くということの意味は「施工方法や取り付け方に関しても私は気にしていますというアピール」「しっかりと丁寧に説明をしてくれる施工業者化を判断する」という2つにつながるからです。


施工方法を事前にしっかりと説明できない業者に施工を依頼することはあり得ませんのでこの段階で施工業者を信頼できるかできないかを判断しましょう。


しっかりと施工方法を説明してもらえる業者はその後のトラブルも少なくメンテナンスなどもしっかりしていることが多いので重要な判断基準です。

また太陽光発電は屋根に直接穴をあけて取り付けを行う場合施工方法が基本になってくるので信頼できる施工業者を選ばなければ雨漏りなどの原因につながる恐れも出てくるのでしっかりと判断をしてください。


次に施工の実施についてですが基本的に住宅用太陽光発電の場合は1日で施工が終了します。


施工の流れとしては屋根へのパネルの設置から始まり配線を家に通す、その他のシステムの設置という順序で施工を行ってきますが、屋根裏の補強や取り付けるシステムの違いによって施工の順序も変わってくるので事前に確認をしておくといいと思います。


この時に屋根への設置がしっかりと行えたかを確認するために業者の方に設置後の写真を撮ってもらい確認をしたいと伝えてください。


特に屋根に穴をあけなければいけない施工方法の場合はあけた穴に対しての防水をしっかり行えているかの確認のためにも写真を撮ってもらうことをお勧めします。


これを行うだけでもその後の雨漏りなどのトラブルを少なくすることが出来ますので必ず行ってください。


すべての施工が終了した段階で設置業者からシステムの引き渡しとシステムについての説明を受けることになりますが、この時にしっかりと使い方の説明を受けて疑問に思うことや使い方でわからないことを聞いてください。


もちろん後からわからないことが出てきても電話などで説明を聞くこともできますので事前にシステムについての問い合わせ先を聞いておくと安心できます。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電と工事について目次