TOP工事について工事と雨漏り

太陽光発電の工事とと雨漏りについて

太陽光発電の工事で一番質問を頂くことに雨漏りが不安ですという声を多く頂きます。


雨漏りは太陽光発電を設置してからおこるトラブルやクレームで多く上がることの1つです。


なぜ太陽光発電を設置して雨漏りがトラブルやクレームで多く上がるかというとパネルを設置するときにしっかりと防水加工を施す必要があるのに施工の不備で防水加工がしっかりとされていないことが多くの原因です。



防水加工とは屋根に直接穴をあけてそこに防水のためのコーキング材を挿入し最後に防水シートで雨漏りをしない施工方法が多く取られています。



またそのほかにも瓦屋根の場合は土台を取り付ける瓦を取り防水シートを張り付けて雨漏りをしない施工方法を実施しています。


基本的にメーカーの基準に沿った施工方法を行い、しっかりと防水加工を行いさえすれば雨漏りはすることはないのですが、それなのに雨漏りというトラブルやクレームが多いのは施工方法に対しての不備が原因として多いからです。


防水シートがずれて隙間から雨が侵入してしまうことやコーキング材自体を忘れてしまい隙間から雨漏りをしてしまうことなどが原因として挙げられます。



近年太陽光発電を導入する家庭が増えたことがきっかけで雨漏りに対しての問題が多く取り上げられるようになりました。


今ではメーカーでの補償の中に施工不備による建物の損害を補償する項目も多く取り入れられメーカーでも雨漏りに対しての認識と対策は意識されてきています。



さらにはメーカーだけではなく施工業者独自での工事補償を導入している業者も増えてきました。



メーカーも業者も雨漏りという不安要素が原因で購入を考え直すという家庭が増えないようにしたいという考えがあるようです。


ただしいくらメーカーや設置業者がしっかりと補償をしてくれるからと言って過度な安心は厳禁です。


なぜなら雨漏りの症状が出てくるのは設置してから数年たって症状として現れることが多く雨漏りの原因のすべてが太陽光発電の設置が原因で起こった雨漏りとは断定できないことも多くあるからです。



そのため雨漏りの症状が出ても太陽光発電を設置したことによる雨漏りと断定されるまでには現地調査などを行う必要があります。


そのうえで施工不備と判断されればメーカーや業者での保障の対象となります。


ただし築年数がたってしまうと原因の特定ができないことがしばしばありそのような場合は保障がされないことがあります。


ですのでいくら保証があるとはいえ雨漏りが起きないほうがいいのでしっかりと業者選びを行う必要があります。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電と工事について目次