TOP太陽光発電の価格初期費用

太陽光発電の初期費用について

太陽光発電の初期費用とは導入までにかかる金額を差します。

初期費用のほかにメンテナンス維持費が10年単位でかかってきます。


太陽光発電を導入しようと考えている人の最大のデメリットはこの初期費用だと思います。


決して安くない金額の買い物ですのでいかに初期費用を抑えるかがメリットを最大限に活かすポイントです。


初期費用が安くなればなるほど得られるメリットは経済面でのメリットです。

初期費用を回収し終わりさえすれば発電した電気はメンテナンス費を除いてすべてがメリットになります。


ただし初期費用を抑えることだけを考えてしまうと質が悪かったり自分の家の屋根にあっていなかったりと初期費用を回収するまでの年月がより長くなってしまうこともあるので注意が必要です。


そこで初期費用を抑えなおかつ自分に合ったベストの太陽光発電を選ぶポイントを紹介したいと思います。



初期費用を抑えるためのポイント

自分の家にあったメーカーを選ぶ&複数の業者から見積もりを取って比較する

太陽光発電メーカーによって初期費用はまったく変わってきます。


なぜ初期費用が変わってくるのかというと太陽光発電の変換効率の違いやパネルに使われる素材の違いなどからです。


変換効率は高ければ高いほどより多くの電気を生み出すことが出来るのですが素材によっては熱に弱く発電効率が下がってしまうことや、電気を生み出しても実際に家庭で使用できる電力に変換するときに電力が少なくなってしまったりとシステム全体を見てメーカーを決めることが必要です。


そのためにも専門知識の持っている太陽光発電のプロに実際に見てもらってどのメーカーが一番効率がいいのかを教えてもらうとてっとり早く自分に合ったメーカーを選ぶことが出来ます。


ただし1つの業者からの提案だけを信じてしまうと取扱いメーカーが少なかったりするので正確にわからなくなってしまうので数社から見積もりを依頼してどこのメーカーが一番効率がいいのかを聞くことが重要になってきます。

当サイトでも各メーカーにお勧めの家を紹介しているのでこちらも参考にしてください。


また見積もりを取ると同時に実際にかかる初期費用の金額も比較することが出来ますので一石二鳥です。


各メーカーの紹介

失敗しない太陽光発電の一括見積方法



補償がしっかりしているかの確認

注意してもらいたいのが初期費用が安くても補償がしっかりしていないメーカーや施工販売業者では安心して長期間太陽光発電を使用していくことはできません。


基本的に太陽光発電メーカーは全メーカーが10年保証を行っておりますが補償の対象となる機器に若干の違いが見られます。


またその際の施工費などが有料になっているメーカーもあるので注意が必要です。


25年保証を導入しているメーカーもありますが25年間の補償はあくまでもパネルが補償されているだけで実際に壊れやすいその他の機械に関してはやはり10年保証だったりと中身を知らなければ実際の補償は判りません。


補償だけで判断すればシャープの丸ごと15年保証が圧倒的に優れた補償を提供しています。


有料ではあるのですが実際にかかる費用は2万円以内に収まるのでこの金額で15年間丸ごと補償をしてくれるのは大きいです。


しかも太陽光発電システムすべての機器の補償とそれにかかわるすべての費用も補償の対象になるので15年間のメンテナンス維持費は一切いらなくなるのもうれしいですね。


この保証を考えないで導入してしまうと初期費用をいくら抑えたからと言ってその後のメンテナンス費用やトラブルなどの費用が大きくかさんでしまって初期費用を抑えたことが無駄になってしまう可能性が大いにあるので注意が必要です。


太陽光発電と補償について



実際に掛かる初期費用っていくら?

前置きが長くなってしまいましたが非常に重要なポイントだったので紹介をさせていただきました。


さっそく初期費用はいくらになるのかを説明していきます。


ここでご理解いただきたいことは設置方法や乗せられるパネルの量によっても価格はかなり変動してしまうということです。


ただしどんなに高くてもいくらという上限は知ることができるのでその上限をもとに紹介していきたいと思います。


ズバリどんなに高くても1kW当たりの金額は50万円以下です。(平成23年2月現在)


もちろんこの金額には取り付け費用も含まれた金額になります。


ですので屋根の小さい家庭では3kWの太陽光発電システムを導入することが多いので上限は150万円が初期費用の上限として挙げられます。


より正確に自分の家ではどれくらいの容量のパネルを乗せることができるのか、初期費用はいくらになるのかを知りたい方は見積もりを取ればすぐに価格を知ることはできます。


もしもこの50万円を超えるようであれば高額に設定されていると思いますので見積もりを他者で取ることをお勧めします。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電の価格を知るための目次