TOP太陽光発電を10万円以上安く得をする選び方

太陽発電の得をする賢い選び方

まず今から私が紹介する太陽光発電の選び方を行って私が実際にいくら安くなったのか、いくら得をしたのかを紹介します。


私が初めて太陽光発電を知った出来事は訪問販売でした。

もともと太陽光発電には興味があったので契約の直前まで行ってしまいました。

この時の価格はパナソニックの3kWのシステムで初期費用の価格は189万円でした。


1kW当たり63万円です。


この時に太陽光発電についてネットを通して調べてみるとなんか高すぎる?っということに気が付きました。


ここからが私の得をするための比較作業の始まりです。


最終的に私が取り付けを行った価格は同じ3kWのシステムで初期費用の価格は141万円で1kW当たり47万円で太陽光発電システムが導入できました。

189万円が141万円で導入することができたので48万円安く太陽光発電をお得に導入できました。


この得はすごいですよね!!正直今ではこの金額よりもさらに安く導入できると思っています。


特にシステム容量が4kW以上の場合、40万円は切ることができます。


まあ私の場合は初めの金額を出してもらった業者が訪問販売でしたので金額は高くなっていたという事もあります。


ただ比較をするだけで最低でも今見積りを行っている人は10万円は価格を下げて得をすることはできると思います。


さぁあなたも10万円以上安く太陽光発電をお得に導入しましょう


太陽光発電をお得に選ぶポイントを紹介します

このポイントは当サイトの情報をギューッと1つにまとめて内容が濃くてわかり易いコンテンツを作成しています。


これをまず見ていただければ自分に合った太陽光発電をお得に導入することができるはずです!!


より詳しく内容を知りたい方は項目ごとにコンテンツも作成していますのでこちらもご覧ください。

5つのステップで得をする選び方

  1. 自分に合ったシステムを知ってメーカーを絞る
  2. 絞ったメーカーで無料見積もりを数社に依頼する
  3. 見積もりを取った中で取り扱いメーカーの一番多い会社に現地見積もりを依頼
  4. 各社からの見積もりが出そろった段階で価格を踏まえたメーカーの決定
  5. 業者同士を競り合わせる

以上がシステムをしっかりとえらんで、なおかつ安く導入するためのステップです。



次からはより詳しく5つのステップを紹介していきます。

自分に合ったシステムで得をする

この項目は深く知れば知るほど難しくも複雑になっているので「これだけ押さえておけば大丈夫」というポイントだけを紹介していきます。


太陽光発電は発電量が多ければ多いほどトータル的なメリットが多くなるのでできる限り多く発電ができるシステムを導入することが私の得をするおすすめ方法です。


システム選びさえ間違えなければ初期費用が少し高くなっても必ず初期費用を回収できてお得でプラスαのメリットが生まれてきます。


私が得をするためにシステムを選ぶポイントは4点です。

  • 発電量はできる限り多いシステムを選ぶ
  • システムが小さい場合は補償が長いものを選ぶ
  • 影や夏に熱くなりやすい地域はそれに合ったメーカーをチョイスする
  • 安心感のあるメーカーを選ぶ

発電量を多くするためには変換効率の高いメーカーをチョイスします。


この場合はパナソニックの太陽光発電がベストです。


パナソニックの太陽光発電はハイブリットタイプと呼ばれ変換効率も高く真夏などでも変換効率が下がりにくいのでより多くの発電量を稼ぐことができます。


補償の長いメーカーをチョイスする場合はシャープの太陽光発電をチョイスします。


システムが小さい場合、初期費用を回収するまでの期間が10年を超えてしまうことが多く、通常の10年保証では初期費用が回収できていない段階で補償期間が終わってしまいます。


しかしシャープの太陽光発電であれば「まるごと15年保証」という15年間の保証に延長することができ、システム容量の少ない太陽光発電システムでも保証期間内で初期費用の回収を行うことができます。


保障が終了するときには初期費用も回収できているのでそのあとに発電する電気のすべてが収入になりお得です。


システム容量の小さい場合とは3kw前後のシステムを指します。


4kw以上のシステムが組むことができる場合は10年保証でも補償内で初期費用の回収ができることが多いので10年保証でも問題はないと思います。


悪天候や影などがある場合はソーラーフロンティアをチョイスします。


ソーラーフロンティアのCISと呼ばれる化合物のパネルはか影や熱に強いという性質があるので悪天候でも安定的に発電することができます。


さらにソーラーフロンティアは他の太陽光発電に比べてコストの面でも低価格で導入することのできるメーカーなので発電量の多く乗る大きな屋根がある場合などでもお勧めです。


安心感のあるということは私の場合日本のメーカーであるということを指します。


この結果、太陽光発電を選ぶ際はパナソニック、シャープ、ソーラーフロンティアの3社に絞り込めば比較も簡単に行うことができます。


3社に絞り込んでも各社のメリットが違うのでどんな方でも自分に合ったメーカーを選ぶことができます。


絞ったメーカーで見積もりを取る&現地見積もりを依頼して得をする

1のステップでメーカーをパナソニックとシャープ、ソーラーフロンティアの3社に絞りましたがなぜ1つのメーカーに絞らなかったかというと、詳しい見積もりを取らなければ実際に乗せることのできるシステム容量と家の構造から取り付けることのできるメーカーがわからないからです。


太陽光発電選びで1番重要なことは「自分の家に太陽光発電はどのくらいの容量を乗せることができるか」です。


なぜかというと、乗せれる容量によってメーカーを最終的に決めるからです。

このように乗せることのできる容量を知るために見積もりを取る必要があります。

この見積もりを取る際にポイントがあります。


太陽光発電の見積もりを取る際には無料で一括見積を取ることのできるサイトを利用して見積もりを取ると時間を短縮できます。


ですが無料一括見積サイトは複数あり1つのサイトで最大5社まで見積もりを取ることができます。


ただし注意してもらいたいことは無料見積サイト3社で見積もりを取ってしまうと3×5の15社に見積もりを依頼したことになり正直めんどくさいことになります。

実際に私は3つの見積もり依頼サイトで見積もりの一括依頼をしてめんどくさかったです。


ですので無料見積サイトは質の良い1つの一括見積サイトに絞ることが重要です。


私が見積もりを取った時に一番満足度が高かったサイトはタイナビという見積もり依頼サイトです。


このタイナビで無料見積りを取れば十分です。


他のサイトでは数社の無料見積サイトを紹介しているサイトもありますが正直すべてに申し込む必要はありません。


この見積もり依頼の方法に関しては注意点も多くあるので別コンテンツで「無料見積もりの取得方法」を作成しましたので参考にしてください。


損をしない無料一括見積もりの取得方法


「見積もりを依頼するとしつこそうだ」などと考えていらっしゃる方も多くいると思います。


ですがネットでの無料見積もりの際に自分の家の図面さえ用意できればたいていの会社の場合は図面からの見積もりを出してもらうことができるので家に何社も来られて困るということはありません。


ただし最低1社は実際に家に来て現地での見積もり依頼をお願いいしてください。


この現地での調査を行わないと実際に乗せることのできる容量と家の構造から設置できるメーカーを判断することができません


現地調査の内容によってはメーカーが限定されてしまうことがあります。


私の場合は上記の3社は設置することができましたが、屋根裏の構造から東芝の太陽光発電を取り付けることはできませんでした。


見積もりを依頼する場合はこちらからどうぞ


当サイトがおすすめしている無料一括見積りは「タイナビ」というサイトです。
オススメの理由は、太陽光発電の無料一括見積り利用者100万人突破!!と利用者数からもうかがうことのできる安心感です。
テレビでも紹介されている信頼の一括見積りサイトです!!
一括見積り利用数№1!もちろん安心だけではなく信頼できる施工業者のみが登録できる仕組みも徹底されているのでより安心です。

タイナビの無料一括見積りはこちら
 【タイナビ】無料で太陽光発電一括見積り!


見積もりが出そろった段階で価格を踏まえたメーカーの決定

見積もりが出たらまず注意する点として「どのくらいの容量のシステムを設置することができるか」です。


上記にも書きましたがメーカーを最終的に決定するポイントは乗せることのできる要領から判断することです。


パナソニックで見積もりを取って4~5kwの発電システムを組める方はパナソニックがベストです。


しかしパナソニックでも3kwしか乗らない場合は、シャープのシステムで2kw後半のシステム容量で補償を15年にすることがベストです。


パナソニックで3kwのシステムであれば初期費用の回収が約12年前後ですので保証期間を超えてしまいますが、シャープであれば13年で15年間の保証が付くのでまず保証期間内で初期費用を回収することができます


またパナソニックで5kw以上の容量が乗る場合は、ソーラーフロンティアでも4kw後半以上の容量が乗せる事ができるので価格の低いソーラーフロンティアをチョイスしても十分メリットが生まれて初期費用も安くなります。


また上記の判断基準にプラスして九州地方の方や沖縄などの真夏に熱くなりすぎる地域ではパナソニックとソーラーフロンティアが熱に強いという性質を持っているので3kwでもシャープをチョイスするのではなくパナソニックをチョイスするほうがいい場合もあります。


この判断は正直難しいのでわからない場合は無視してもらって容量が少ない場合以外はパナソニックとソーラーフロンティアを選ぶように考えているので大丈夫です。


判断が難しい場合は私までメールをいただければ私も見積書と地域などを判断してメーカーを選ぶお手伝いを行わせていただきます。


詳しくは「あなたの太陽光発電選びのお手伝いをします」をご覧ください。



業者を競り合わせる

設置するメーカーを絞ることができた段階で見積もりを取った業者の中から価格の低い業者を選びます。


ここで注意をしてほしいことは業者の質についてです。


業者の中でも施工補償を独自につけて安心感を提供している業者もあります。

いくら価格が安くても業者選びに失敗してしまってはここまで太陽光発電選びをしてきた意味がなくなってしまいますので業者選びも慎重にしてください。


業者を選ぶポイントは4つあります。

  • 太陽光発電に特化している
  • 施工保証がしっかりとしている
  • HP内で太陽光発電についての詳しい説明が紹介されてる
  • 施工実績がある

以上の4つのうちできれば4つすべて最低でも3つ以上はクリアした業者を選んでその中で価格を比較してください。


しっかりと上記のポイントをクリアしている業者は不思議なことに基本的に価格も低価格に抑えられています。


複数の業者が上記のポイントをクリアしている場合は価格の安い業者の見積金額を高かった業者へ伝えて価格を下げてもらえないかを交渉していましょう。

結構の確率で価格を下げてもらえることがあるのでぜひチャレンジしていてください。



いかがでしたでしょうか、各ポイントごとに細かく紹介を行わせていただきましたが実際に私が導入して実感した内容だけをまとめて紹介していますのでこの流れで太陽光発電選びを行えば大抵の方は価格も安くシステムも自分に合ったシステムを導入することができると思います。


ここまでご覧いただいた方は価格での判断を行っていないということにお気づきでしょうか?


私は太陽光発電選びをするときは価格から判断をしてしまうと結果的に長い目で見るとマイナスになってしまいデメリットがメリットを超えてしまうことが少なくありません。


ですので価格からではなくシステムとメーカーから10年後にしっかりと得をすることのできるということを考えています。


初期費用が高くなってしまって導入が…と考えている方は「ソーラーローン」を利用してもらえると低金利で長期ローン(最長15年)を今は組むことができるので、こちらを利用してもらえれば月々の支払いは10000円以内に抑えることができますので検討をしてみて下さい。


私も10年のソーラーローンを組んて太陽光発電を導入しました。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法