TOP太陽光発電のシステム太陽光発電のデメリットについて

太陽光発電のデメリットを詳しく紹介します。

太陽光発電のデメリットはどんなことがあげられるのでしょうか。


メリットが多く生まれる太陽光発電ですが実際にメリット以外のデメリットは存在するのでしょうか。


今あげるデメリットはこんなところです。

  • 初期費用が高い
  • 発電が天候に左右される
  • 電気の変換効率が低い

では実際にそれぞれのデメリットについて詳しく紹介していきます。



初期費用が高い

太陽光発電の導入を検討されている方はこの初期費用が一番のデメリットと感じている方も多いのではないでしょうか。


実際に一般的な大きさの屋根で少なくても3kwの太陽光パネルを導入することが多いのですが1kwあたり最大で55万円の導入費用が掛かります。

これで計算すると165万円は多く見積もるとかかってきてしまいます。

車を1台買える金額です。


実際は売電効果や光熱費の削減効果などで10年前後で元を取れる場合が多いので元を取った10年後からは利益を生むようになるのですが、そうとわかっていても初期費用が100円以上になることはデメリットとして上がってしまうと思います。


ただしこれからは国の補助金の金額も年々下がってくることが予想されておりますので補助金を利用して初期費用を抑えることを考えるのであれば、デメリットとして考えるのではなく将来への投資として考えて、設置の先延ばしを考える必要はないと思います。



発電が天候に左右される

太陽光発電は太陽の光を利用して電気を発電します。


ですので、雨の日や曇りの日などは晴れの日と比べると発電量が低下してしまします。


しかし雨の日や曇りの日でも全く発電しないというわけではなくある程度の発電はしてくれます。


太陽光発電の導入を検討されている方は1日単位で見て行ってしまうと天候に左右されてしまい不安定により見えてしまいがちです


しかし月々の発電量で見ていくと梅雨時期などの期間を除いては年間を通してある一定の発電は安定して発電してくれていることは感じると思います。


太陽光発電だけで家の電気のすべてをまかなっている家庭があったとすれば電気が天気に左右されてしまうことは大問題として上がると思います。


ただ私たちが太陽光発電を設置して使用していくうえで、電力会社の電気を並行して使用していくことになるので、1日単位で発電量が安定しなくても、月単位や年間でしっかりと発電を行えるので大きなデメリットにはならないと私は思っています。



電気の変換効率が低い

太陽光の変換効率は15~18%前後です。

これは太陽の光を100とすると電気を15発電するといった感じです。

この15~18%の変換効率は高いとは言えませんが今後はより発電効率の高い製品が出てくると思います。


ただし太陽光発電の変換効率は15%とみても太陽の光は常に無料で降り注いでいることを考えると、火力発電は火の力を電気に変えていますが火の力を起こすのに大量の重油やガスが使用されています。


火力発電の変換効率は40%といわれていますが、そのために無駄な火の力を作らなければいけません。


それを考えると無限に降り注いでいる太陽光を利用する太陽光発電は効率がいいといえると思います。




太陽光発電を真剣考えている人必ず見てください

ここからは太陽光発電を真剣に考えている人に是非見ていただきたいコンテンツになります。

もちろん迷っている方にも是非ご覧いただければと思います。

すべての人に太陽光発電を導入していただきたいとは思っているのですが、正直導入することをお勧めできない場合もあるのも真実です。

そこで太陽光発電を導入することが適性なのかを判断できるコンテンツを作成しました。


判断するポイントは2つだけです。これがクリアできればあとはより発電出来るシステムを選べばバッチしです。ぜひご覧ください


 太陽光発電の適性診断方法


太陽光発電を知る項目一覧